2012年12月20日

風邪の対応の違い

風邪の対応の違い娘が風邪をひいた。

日本に帰国して初めて病院に行く事となった娘。

アメリカの病院では1度だけ予防接種の注射が痛く泣いた事があったが、それ以外は問題がなく 今回も遊びに行くかのように軽やかに出かけた。

紹介頂いた小児科医はスクールの友達の親御さん。夫婦で小児科医を開業されている。

咳だけが出る症状なので、スクールは休ませた方が良いかと質問すると...

“日本の場合 本人が元気だったら、それくらいの風邪では休みませんよ” と回答があった。

娘も咳が出る以外は体力的にも弱っている様子もなく大丈夫だと思うのだが、アメリカの場合 本人よりも他の子供達に配慮し、咳が出たり、洟が出ているときはスクールには行かせない。

ところが、日本の場合は他の子達に伝染する事を気にしないようだ。

これでは風邪やインフルエンザのシーズンに蔓延してしまうのも納得だ。

マスクをしながら通勤、通学する姿が未だに不思議に映るのは、アメリカの生活に慣れてしまったからだろうか?

同じカテゴリー(スポーツ・健康)の記事
限られた時間
限られた時間(2018-04-04 22:26)

初打ちで己を知る
初打ちで己を知る(2018-01-07 21:26)

獅子に噛まれる
獅子に噛まれる(2018-01-03 23:34)

数字の絶対性
数字の絶対性(2017-12-01 12:27)

不健康な健康
不健康な健康(2016-12-29 00:24)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。