2012年12月13日

ディズニーに続き

ディズニーに続き娘のスクールに発表会が開催された。

前回のTDL(東京ディズニーランド)で行われた歌のパフォーマンスは娘の学年だけのものだったが、今回はキンダー全員が参加して開催された。

まずは各学年の代表者がそれぞれロボットの中に入り、自分が何になりたいかをお願いする。

そしてお願いした学年の子供達がそのテーマに併せて、歌と踊りを披露するというなかなか演出されたストーリーとなっている。

娘の学年のパフォーマンスは...

代表の “マーメイドになりたい” という願いを叶えるために、タコやカメ、シャークやクラゲなどに扮した子供達が歌や踊りを舞った。

勿論全て英語で行われるのだが、今回の会場も素晴らしいところで、子供達とはいえなかなか見応えがあり、一生懸命がんばる子供達の可愛いさに観客も大喜びだった。

日本はこのような機会が沢山あり、子供教育には熱心な国という事が分かり嬉しい。

同じカテゴリー(アメリカ 教育)の記事
問題意識と好奇心
問題意識と好奇心(2018-02-12 21:44)

反省と内省
反省と内省(2018-02-07 21:58)

教師とマネジャー
教師とマネジャー(2018-01-29 21:35)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。