2012年12月10日

日本の技術

日本の技術日本に戻り初めて歯医者に行った。
何処が痛いというものではなく、年2回程のチェックアップだ。

アメリカはデンタルIQ が高い。その為 虫歯になって治療に行くという日本人的なスタイルではなく、治療をしなくて良いように予防をするために医者に行く。
健康診断と同じく定期的にチェックアップをするのだ。

シカゴでは上村先生に随分とお世話になった。最新技術を駆使した設備は大人も子供も安心して治療を受ける事が出来る。

そんな上村歯科と同じく、今回行った歯医者も先端技術満載の設備で埋め尽くされていた。

一番驚いたのは...

自分の口内の唾液を採り、その場でその状況を目の前にある画面に映し出し見せてくれる。
顕微鏡で見る様子をテレビを見るように観察する事が出来るのだ。

色々な細菌がウヨウヨと泳ぎまわっているのが見える。
これが虫歯とか歯周病の原因になるというのだ。

しかも歯や口内だけではなく、脳や内臓にも悪影響をおよぼすと言うから怖い。

あまりにも一杯泳いでいるので、これは異常に多いのかと確認すると、これくらいは誰でも普通にいるとの事。安心と共に驚きでもあった。

これらを除去するのは歯磨きしかないようだ。最低でも1日に3回 丁寧に磨き、口内の清潔を守る事が重要らしい。

81歳になる母は、殆どが自分の歯だといって自慢していた事を思い出した。
そういえば良く歯磨きをしている。見習わなくては。

同じカテゴリー(アメリカ ビジネス)の記事
先生と呼ばれる職業
先生と呼ばれる職業(2017-12-31 12:39)

TRANSIT
TRANSIT(2017-11-25 20:41)

出来るビジネスマン
出来るビジネスマン(2016-10-01 22:21)

睡眠を考える
睡眠を考える(2016-01-10 02:01)

喉を労わる
喉を労わる(2015-06-28 00:03)

人材育成と期待感
人材育成と期待感(2015-06-08 23:36)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。