2018年02月12日

問題意識と好奇心


登壇の休憩時間中に質問に来る受講生がいる 

ある受講者から “なぜ休憩中に音楽を流しているのですか?” と尋ねられた

目的は講義を楽しみながら学ぶ場にするために、リラックス効果のある音楽を流しているわけだが、その理由はさておき、その点に興味を持ち、尋ねる事が重要なのだ

BGMのことなど、気にもしない人がいる
気が付いても確認しない人は大勢いる
しかし、尋ねることで会話が生まれ、印象に残る
また、理由を聴く事で何かに応用出来ないかと思考が巡る
それを職場やプライベートで活かし、実践することに大きな意義がある

同じものを観たり、聴いたりしても...


  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 21:44Comments(2)アメリカ 教育

2018年02月10日

警察官とお客さま


自転車の盗難届けを出した

最初は一線をリタイヤしたであろう年配の交通課の警察官が、親切に対応頂いた。その後、担当が婦警に変わり、調書的なものをヒヤリングされながら記載され、被害届けを完成させる。氏名・住所などは直筆で書かなければいけないらしい

届けを提出し暫くすると、実況見分をしなければいけないとの事で、二人の婦警と駐輪場へ出向く

婦警二人の装いを見て驚いた
防弾チョッキを着装している
話しを聞くと、防弾チョッキではなく、防刃(ぼうじん)チョッキとのこと
やはり、警察は何があるかわからない、命がけでの仕事だと頭が下がる

今回の一連の出来事の中にも、考えさせられる事がいくつもあった

交番に入ると “いらっしゃい” といわれ、婦警からは...



  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 23:35Comments(0)地域コミュニティ

2018年02月07日

反省と内省


駐輪場に停めておいた自転車が盗難にあった

あるべき場所に “ない!?”
この時の心境は複雑だ

“あれっ? ここじゃなかったかな”
“う~ 少しボケてきてしまったのか...”

以前アメリカで Towing (レッカー移動) された時も、同じような気持ちになった

すぐさま近くの警備室に行き、状況を説明
“我々は何も出来ません” と埒が明かない

警察に行くと “登録書とか車体購入証明書などはありますか?”
普段、そんなものを持ち歩くはずもなく “ないですねぇ” “では何も出来ません”

でしょうねぇ 日本の警察は素晴らしいが、形式が整わないと動けない
そして “自転車の盗難は多いのですか?” と尋ねると “もの凄く多いです”
何故、対策を講じないのだ...

まぁ そんな議論をしても...


  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 21:58Comments(0)アメリカ 教育