2018年02月07日

反省と内省


駐輪場に停めておいた自転車が盗難にあった

あるべき場所に “ない!?”
この時の心境は複雑だ

“あれっ? ここじゃなかったかな”
“う~ 少しボケてきてしまったのか...”

以前アメリカで Towing (レッカー移動) された時も、同じような気持ちになった

すぐさま近くの警備室に行き、状況を説明
“我々は何も出来ません” と埒が明かない

警察に行くと “登録書とか車体購入証明書などはありますか?”
普段、そんなものを持ち歩くはずもなく “ないですねぇ” “では何も出来ません”

でしょうねぇ 日本の警察は素晴らしいが、形式が整わないと動けない
そして “自転車の盗難は多いのですか?” と尋ねると “もの凄く多いです”
何故、対策を講じないのだ...

まぁ そんな議論をしても...


  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 21:58Comments(0)アメリカ 教育