2015年04月30日

和が子


イマドキノ小学生は70%以上が塾に通っているか、通う予定でいるようだ

塾にも受験を意識した進学塾、学校の授業を補う補修塾と公文やそろばんなどの専門塾がある

娘の通うスクールでも 塾に行っていない子が少数派になってきている

日米の小学校教育を比較すると 暗記力と学問重視の日本に対して、情緒教育と個性、議論に力を入れるアメリカ

どちらも長所、短所がある

基礎学力を見につけるには、日本の教育制度は素晴らしいと思う
受験を意識し過ぎた風潮は残念だが、先生のレベルも優れている

アメリカの先生は専門化されており...

  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 20:39Comments(0)アメリカ 教育

2015年04月29日

マザーゲーム


幼稚園を舞台としたドラマがスタートした

幼稚園や小学生の子供がいる家庭では、ちょっと気になるところだろう

“彼女たちの階級” という副題がついている通り、階級格差やお受験などもテーマとしている

日本に於ける “格差” は世界規模で見れば、まだまだないに等しいくらい小さい
しかし、確実に “一億総中流” 時代は終焉している

ドラマの内容は兎も角 いくつか興味深い台詞があるので共有しよう

室井滋が双子の二役(学園長と塾理事長)を演じるいるのだが、この二人が幼児教育について発した対照的な台詞が面白い

“愛・まごころ・信頼” を唱える学園長に対し...

  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 19:39Comments(0)アメリカ生活

2015年04月28日

本気でやってますか?


新入社員をみていると “遠慮している感” が物凄く漂っている

“まだ新人だから” “あまり知らないから” 言い訳は沢山挙がる

逆視点で観れば “新人だから出来る” “あまり知らないから見える” ことになる

優等生も良いけれど、失敗を恐れず思いっきりやる姿勢も大事だよね
これは新人だけに言える事ではなく、万人共通なこと

ただし、思いっきりやるには覚悟と信念が必要

それがなければ...

  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 22:46Comments(0)アメリカ 起業

2015年04月27日

左側の台詞


遅めのランチを食べている時 こんな会話が聞こえてきた

“そのオーダーを取ったのは私です”
“お客様はその時どんな注文をされた?”

どうやら店長と思しき人物と女性店員だ

お客のいるフロアでやや大きめの声で繰り広げられているこの騒動に耳を傾けている人も多かった

私は職業柄、というより性格的に耳だけではなく全身を傾けていた
内容は途切れ途切れで全体をはっきりと把握するまでには至らない

この光景を妻が見ていたら “ほんと止めて!” と険しい顔をしていただろう
どうも反射的に人の会話に参加しようとしているらしい

この女性店員は...

  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 19:50Comments(0)アメリカ 起業

2015年04月26日

家族で何かを一緒にやることの意義


この週末はどっぷり家族で過ごす時間に浸った

アメリカよりも家族と過ごせる時間に制約がある日本では、自発的に時間を創らないといけない

何故日本は時間に追われるのだろう?

1つは通勤時間
そして、夜の付き合い。 嫌いじゃないし...
週末にも仕事が入ったり、残業が増えたり..

出かける先の混雑で気楽感がないばかりが、1日がかりのイベントとなることも理由に挙げられるかもしれない

しかし、条件は誰も同じようなものだ

我家は家族が...

  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 22:10Comments(0)アメリカ 子育て

2015年04月25日

法学部O組


大学のクラス会があった
丁度1年前に集まった仲間+初参加+ロンドン中継の12名

3年生からは専門分野になるので、同じクラスでも殆ど会うことはない

そのため30数年ぶりの再会もあった
ロンドンにいる川上さんともライン電話で近況報告をし合っていた

懐かしい話に華が咲き、喜びや驚き、衝撃的事実や気づきがあった

同じクラスの友達同士が付き合っていたことも初めて知らされたが、実は公然の事実で皆知っていたらしい...

  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 19:10Comments(3)素敵な人達

2015年04月24日

内省を深めるために


新入社員研修が一段落すると、マネジメント研修、エグゼクティブ研修の登壇が続く

研修後にファシリテーターが集まり振り返りをする機会があった
テーマはファシリテーターとしての関わり方、質問への対応力など

今回 “内省を深めるためには、事実と感情を分けて考える必要がある” というセッションがあった

“事実と感情を分けると何故内省が深まるのですか?”

このような質問があった時にどのようなファシリテーションをするか?

あるファシリテーターは...


  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 16:54Comments(0)アメリカ 起業

2015年04月21日

英語で登壇


外資系企業の研修がスタート

いつものようにラッシュを避けて、早めに会場付近でモーニング

今回は英語でファシリテーション
受講者が部長職ということもあり、高度なファシリテーションスキルが要求される

流石本国から送られてきているエリート達だけに、意欲も能力も高い
話す内容も興味深い

このレベルの人達に深い気づきを促し、変革を起こさせるのは容易ではない

しかし、レベルが高いだけにヒントを掴めば勝手に気づきを深めていく

最初のディスカッションで ...

  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 23:38Comments(0)アメリカ 起業

2015年04月20日

ドタキャン


本日久しぶりの仲間達と飲み会を予定していた

しかし、遅いランチを食べ終わった頃 “急用が入り行けなくなりました” と用件のみのメールが入った

今晩の主役からだった

主役不在でも開催しようと思ったが、今晩は大荒れとなる天気予報
また、私ももう1人のメンバーも明朝早くから仕事が入っていたこともあり延期とした

ビジネスマンにとって “ドタキャン” はあってはならない
いままで築いた信用を一気に落としかねない

みな多忙なスケジュールを調整しながら、その時間を創っているのだ
多くの人がそれに関わっている可能性もある

今回もこの時間を創るために...


  続きを読む

Posted by UNI-CON INC. at 21:44Comments(0)アメリカ ビジネス

2015年04月19日

TVドラマから学ぶ2


家族で過ごす週末

テニスの後の湯船トークでテニス仲間が “小学4年生の息子が同じ友達とゲームばかりやって困る。少しは身体を動かす遊びをして欲しい” と言っていたのを思い出した。

せっかく近くに素晴らしい公園がいくつもあるのだから、この環境を存分に楽しもう

土曜日は天気も良かったので、近くの公園で “リップスティック” の練習など身体を動かす遊びを一緒にした

日曜日は雨が降ったため、家の中でのんびりすることに

娘は私のパジャマを使ってファッションショーを始めた

ブカブカの服の後ろをヘアーバンドなどで縛り、自分サイズにしているところが可愛い

そして、撮り溜めしているTVドラマを観ようと思ったが...


  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 22:39Comments(0)マーケティング

2015年04月18日

成長の源泉


久しぶりに週末のテニスレッスンをとった
レッスンが始まる前はジュニアのクラスが開催されている

ジュニアもレベルや年齢に合わせてクラス分けされており、娘も小学低学年の初心者クラスに通った経験がある

プログラムも良く考えられており “テニスは楽しい” を体感させるようになっている

スポーツも勉強も友達作りも まずは “楽しさ” を感じることが大切

私の研修も最初に “是非楽しんでください” と話す
学び、気づき、人、研修、時間、雰囲気等等を楽しむ

つまらなかったら続かない
無理をすればいつか波状する

娘は“落馬の後遺症” があるようで...


  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 22:06Comments(0)アメリカ 教育

2015年04月17日

ダイバーシティ・マネジメント


最近 “ワークライフマネジメント” に関しての話題になる

読んで字の如く “仕事” と “生活” のバランスをとることで、仕事とプライベート生活の充実度を高め、相乗効果を得る

几帳面で真面目な日本人にとっては、自らこのバランスを取るのは難しいのかもしれない

以前 “不況になると日本では自殺者が増え、アメリカでは犯罪が増える” という話をした

問題が起こった時に自らの責任を追及する日本人
これは美徳でもあり、また自分自身を追い詰めてしまう悲しい性でもある

研修の最後に必ず “どれもこれもやろうとせず、出来ることからやろう” と締めくくる

研修で得た気づき、学びを職場やプライベートで実践するのは素晴らしい

しかし、研修中は独特の高揚感に満ちた雰囲気となり...


  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 22:55Comments(0)アメリカ 起業

2015年04月16日

研修講師養成講座


友人の真田社長が “研修講師養成講座” を出版されたので紹介したい

研修会社を経営する立場と自分自身も研修講師として登壇する立場
両面からの視点を持つ真田社長ならではの内容でとても興味深い

また、全く別視点で “本を書く” ということでも感心させられる

セルフブランディングのために “本を書く” ことを決意し、とんとん拍子に企画が通り本を書き出した

しかし、ここにきて  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 22:50Comments(0)アメリカ 起業

2015年04月15日

Win & Win の法則


ビジネスの世界でも、人間関係構築においても Win & Win の関係性が重要

相手のあることに対しては、必ず Win or Lose が生じる

誰しも Win でいたい
しかし 誰かが Win であれば、相手は Lose となる

では、どうすればお互いが Win の状態 Win & Win となるのだろう...




  続きを読む
タグ :利他の心


Posted by UNI-CON INC. at 23:56Comments(0)アメリカ 起業

2015年04月14日

TV ドラマから学ぶ


4月になってTVドラマの新シリーズが続々とスタート

TV 大好きな我家はどれを観ようかとソワソワしていた

どのチャンネルを回しても日本語の放送が流れる喜び
こんな事で喜べる感覚を理解出来る人は限られているかもしれない

英語をキープするために英語番組も時間を決めて観るようにしている
英語、日本語の選択が出来るのも嬉しい

そして、今回何気なく観ていたドラマでいくつか興味深い台詞があった

AKB のまゆゆがドラマ初主演の “書店ガール”

そこでの台詞....


  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 23:57Comments(4)アメリカ 起業

2015年04月13日

外資系企業の研修


今月から外資系企業の研修が始まる

以前から何度も外資系企業を担当しているが、今回は英語と日本語の両方で実施することとなった

今までも日本人と外国人が一緒の研修はあったが、英語か日本語に統一されていた

研修の内容によっては、母国語でない言葉で受講することでかなりのストレスになる可能性もある

日常会話とビジネス会話にも違いがある
ビジネス会話でもレベルの違いがある
売る側と買う側でも違いが生じる
相手を論破するためには、語学力のほかに知識や経験も必要となる

英語も日本語も...


  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 22:42Comments(0)アメリカ 起業

2015年04月12日

リップスティック


いま小学生の間で “リップスティック” なるモノが流行っている

我々の時代で流行ったスケートボードの新化系
ボード部分はツイストするようになっており、前輪・後輪1つづつ付いている

こんなにバランスの悪いものに良く乗れると感心する
バランスと言えば、小学生が一輪車に乗っている姿を良く見かけるが、これも凄い

仲良しのナナちゃんがリップスティックを持っているので、娘はそれを借りて遊ばせて頂いていた

ナナちゃんはとても優しく、心の大らかなお嬢さんだ

まだ真新しいリップスティックを...

  続きを読む

Posted by UNI-CON INC. at 22:50Comments(0)マーケティング

2015年04月11日

身の程知らずの挑戦


バイキンズの仲間 三鍋さんとペアを組んで男子ダブルスの試合に臨んだ

このところ登壇などが続き2週間程テニスが出来ていなかったので、クラブに設置されているオートテニスで軽く汗を流す

これがなかなか面白い
相手がいない時など、この機械があればかなり練習になるし、楽しめる

このクラブ主催のテニストーナメントはレベル別、カテゴリー別に分かれていて PTR ランキングにも加算されるので、かなりレベルの高い人達が参加するらしい

レベルもオープン、セミオープン、アドバンス、ビギナーに分かれていて、自分のランクに合わせて試合が楽しめるように工夫されている

三鍋さんのご子息がここでレッスンを受けていたり、彼自身も以前シングルスの試合に出たことがあるので、状況は分かっている

はずなのに...


  続きを読む

Posted by UNI-CON INC. at 23:58Comments(0)スポーツ・健康

2015年04月10日

失敗に学び成長する


新入社員研修の中で “失敗を恐れず思いっきりやる” というテーマでのセッションがある

“新入社員の賞味期限” が切れないうちに、遠慮せず思いっきりやろうよという話をする

先輩や上司だって、最初から失敗せずに成功するとは思っていない
逆に大きな失敗をして、それを糧に成長しれくれればそれで良しという考えがある

そんな話をすると安心するようだ

そして、もし100億くらい損害を与えるような大失敗をしたとしたら、日本では分からないがアメリカだったら賞賛を浴びるだろうと話すと “えっ本当ですか?” と驚きの声が多数あがった

勿論...

  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 20:16Comments(0)アメリカ 子育て

2015年04月09日

ダイバーシティ


新入社員研修では、あまり “ダイバーシティ” という言葉を使わず “同質・異質” や “多様性” という表現を使った

今回のテーマは “学生から社会人への意識転換” 

スキルよりはマインドに重点をおいた研修であったため、より本質に近いところで腹落ちしてもらいたいと多くの事例を取り入れながら、またその場で起こった現象を使いながらファシリテーションした

日本の中で多用される “ダイバーシティ” は女性活用に焦点をあてることが多い

先進国の中では女性活用が遅れている日本の中では、そこに焦点をあてることは1つの考え方として素晴らしいことだと思う

しかし、ダイバーシティ = 女性活用 と思い込んでしまっている人も多いことに驚かされる

多様性は性別だけではなく...

  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 21:44Comments(0)マーケティング