2014年04月30日

わっゴン

娘の教育に関しては妻に任せっぱなしで少々反省

しかし勉強は自ら進んでやるなど教育方法は間違えていないようで、それに甘えてしまっている

2年生になり宿題の量も増えているようだが、毎日マンション前の公園でお友達と日没前の5時過ぎまで遊び、食事前には全て終了し9時前には就寝という物凄く健全な児童生活を送っている 

スクールで行われているテストも 100点を取ってくることが殆どなのだが、たまに1~2問間違えてくる時は “マミー実は今回のテストは 100点ではありません...” と報告する

すると妻は “今回はバレエの発表会とかもあったし、あまり勉強も出来なかったら仕方がないよ” と応える

“えっ 100点じゃなくても怒らないの?”

どうやらクラスの友達は...  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 20:36Comments(3)アメリカ 子育て

2014年04月29日

1年後の自分

日本に戻り1年6ヶ月 
日本でのビジネスサイクルも整い家族の時間も安定してきた

ファシリテーターの仕事も随分依頼を頂けるようになり、年内はスケジュールがびっしりと埋まり、慌しくなりそうだ

経営幹部、管理職研修がメインだが、先般の新入社員研修や中堅、新任マネジャー研修も担当する機会が増え、新たな学び、刺激を頂けるようになった

今回役職のない中高年層のモチベーションアップ研修を受け持つことになったのだが、この層は日本が急成長したことにより、どの企業にもある大きな課題の1つとなっている

彼らのモチベーションがあがることで、かなり企業メリットが出ることは間違いない

このテーマの1つ “20年後の自分” がある...

  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 22:32Comments(0)アメリカ 起業

2014年04月28日

JR 九州

このところ地方での研修依頼が多く、関東から離れることも多い

先日行った九州での研修で JR 九州に初めて乗った

九州へは何度も行った事があるのだが、殆ど飛行機と車での移動のため 電車に乗る機会がなかった

関東や関西とまた違った良さがあり、特急電車も格好が良い

外見だけではなく、中味や乗り心地もなかなか素晴らしい。JR九州は乗客のことを良く考えている

理由としては...  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 23:11Comments(0)マーケティング

2014年04月27日

晴れ舞台

3歳から始めたバレエ

アメリカで通っていたバレエスクールは小学生からでないと発表会に参加出来ない事から、幼稚園児だった娘はバレエの発表会に出る事はなかった

そして日本に帰ってから通っているバレエ教室は2年に1回 発表会があり本日 初めてのバレエ発表会に参加することが出来た

娘の通っているスクールは近所だったこともあり気軽な気持ちで通わせていたが、なかなかどうして優秀な先生陣が揃い、生徒も数々の受賞をしているらしく、しっかりしたスクールだった

発表会も文化ホールを2日間貸切 前日はリハーサルに使うという念の入れよう

私は本番当日午後からゆっくり観賞に出かければ良いだけだが...

  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 23:08Comments(0)アメリカ 子育て

2014年04月26日

アイスブレイク

このところ研修や執筆活動に明け暮れていることもあり、題材がグローバルだったり、マネジメントに寄っていたので久しぶりにテニスネタ

今期のテーマは “チャンスボールを確実に決める”

ダブルスの場合 味方のファーストサーブが良いところに入れば、リターンはチャンスボールとなる確率が高い

ストロークの時も深くて取りにくいところや、角度、スピードがある球の返球は難しくチャンス

その中でも今日は ネット近くでバウンドした高いボールの決め方を中心に練習した

肩より高い球を相手コートに打ち込む...

  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 22:39Comments(0)アメリカ生活

2014年04月25日

日本でも Google 創設

シカゴの投資ビジネスの先駆者 星野さんの来日にあわせて林さん、川嶋さん、原口さんが集まった。

会場は林さんお薦めの麻布十番の魚竹 

恵比寿本店に負けず劣らず 味もサービスも素晴らしかった

このメンバーが集まると話題がグローバルかつ遠大なものとなり、本当に良き刺激となる

今回もいろいろと刺激的で興味深いトピックスが多かったが、中でも林さんが言っていた “これからの日本経済を発展させるためには、若手ベンチャーを育てないといけない” という発想

日本人はある程度育ち、将来が見えたものに対して投資、育成はするが シーズ(種)の段階では殆ど関心を示さない。

林さん自身もシーズの段階での投資は難しいと言っていたが、芽が少しでも出始めたもの、出る直前のものに関しては...

  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 20:33Comments(0)アメリカ 起業

2014年04月24日

くちびるはチョコレート、心は冷蔵庫

ある女性幹部と話していた時に “くちびるはチョコレート、心は冷蔵庫” という興味深い表現をしていた。

女性社員と男性上司とのやりとりでの難しさを言ったものだ。

なかなか女性は本音を言わない。

特に会社の上司・部下の関係では言いたいことも言い出せないという事を表現した言葉らしいが、日本語特有の言い回しに思わず “上手い” と言ってしまった。

額面通り受け取る私としては、全く本音が分からなくなることは間違いない。

“阿吽・行間を読む” に続き、またまた難題が飛び込んで来た。

その女性幹部から “心の冷蔵庫をホットチョコレートに変える信頼関係を構築すること” が大事だというアドバイスをもらった。

確かにその通り

ビジネスを円滑にする上で、信頼関係構築は絶対条件だ  


Posted by UNI-CON INC. at 23:23Comments(0)アメリカ ビジネス

2014年04月23日

グローバルマインド

韓国で生まれ、中国で学び、日本で働き、アジアと欧米を相手にビジネス展開

英語、日本語、韓国語、中国語、フランス語を話す

そんな素晴らしい女性経営者に会った。

カナダで生まれシンガポールで育ったご主人と出会い、まだ小さい男の子二人を育てながら働く

家庭の理解がなければなかなか出来ないと言う発想ではなく、ごく自然に、当たり前のように今の環境を楽しんでいる。

考え方も柔軟で話していて楽しい。次から次にアイディアが浮かび、トピックスも多岐に渡る。

彼女は先日のセミナーでご一緒した松ちゃんにご紹介頂いた

人の縁は限りない広がりを感じる  


Posted by UNI-CON INC. at 21:58Comments(0)アメリカ 起業

2014年04月22日

IKEA WAY

IKEA はスウェーデン発祥の世界最大の家具販売店

ヨーロッパ・北米・アジア・オセアニアなど世界各地に店舗展開をしている

シカゴにいた時もカラフルな色使いや斬新なデザインなど気に入り、また何か面白い物があるのではないかというワクワク感がある店舗作りをしていることもあり、良く利用していた。

その企業理念は “より快適な毎日を、より多くの方々に”

家具を通してより快適な生活を提供しようとする会社で働く従業員の生活が、快適で楽しいものでなかったらお客様に満足のいくサービスが提供出来ない。

こんな考えから...

  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 20:39Comments(0)マーケティング

2014年04月21日

シカゴの仲間

シカゴで色々とお世話になり、私が日本に戻った後も連絡を取り合っていたミキさんが日本帰国となり、本日お会いした。

相変わらず聡明で話が楽しく、いつもの事ながら話題は多岐に渡る。

日本帰国に際し、私が悩んだことと同じようなことを考えられている

“子育て環境” “教育環境” “ビジネス環境” などを重点に住まいを探索中

我ファミリーが日本の生活環境に慣れるまで 少なくとも3ヶ月はかかったという話をしたり、自分達が住居を決めるポイント、日本で働くときに逆カルチャーショックを受けたことなど少しは参考になったようだ。

我々の場合 日本にいない間に...

  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 20:40Comments(0)アメリカ生活

2014年04月20日

円満の秘訣

アメリカでの生活では家族の時間 家族の絆 を大切にするファミリーが多い

考えてみれば当たり前のことなのだが、日本で 特に東京でその時間を創るのはなかなか難しい。

残業や接待、通勤時間や飲み会など帰宅時間が遅くなる要素が多分にあり、家に着いた頃は子供は寝ている。朝はまだ寝ている間に出社してしまうか、慌しくて家族がゆっくり会話する時間もない。

ご他聞に漏れず私もそのスパイラルの中に知らず知らずのうちに巻き込まれており、しかも週末に研修やらイベントやらで仕事になるケースが多い。

今日は久しぶりに時間が取れたのだが、そういう時に限って娘の体調が芳しくない。

それでも気丈に “今日はダディと遊ぶ!” と張り切っているので “いつもの元気が100 とすると、今日の元気はどれくらい?” と尋ねると “1億” 

絶対無理しているのがみえみえだったので...

  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 22:36Comments(0)アメリカ生活

2014年04月19日

ハッピーオーラのお裾分け

大学時代のクラス会が開催された

5年前に卒業25周年記念パーティで出会って以来の仲間、数ヶ月前に会った友を除けば 30年ぶりに会う同級生だ。

10名程の集まりだったので、それぞれの自己紹介の時間もとれたこともあり、30年ぶりの再会とは思えないほど充実した時間を過ごすことが出来た。

30年・・

結構長いよなぁ
先日の研修に参加した新入社員は生まれてないんだものなぁ 感慨深い

そりゃ 皆いろいろな人生を歩み 抱えるものも違う

“波乱万丈” という生き方をしている人もいる...

  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 19:52Comments(2)素敵な人達

2014年04月18日

李下の冠

研修中にスマホを使う人がいる。

その研修に関連することを調べたり、メモ代わりに使っているようなのだが、他人から見ると何をしているのか分からない。

研修中にメールをしていたり、まさかゲーム? なんて疑いをかけられたりしてしまう可能性がある。

“李下に冠を正さず” という諺があるが、紛らわしいことは出来る限りしないほうが良い。

テクノロジーの進化に伴い 予想外の問題が次々に出てくる。

体感ゲームなども昨年やった人達が Twiiter やブログにアップしたりするものだから ネットで調べると分かってしまったりする。

内容が分かっても出来る出来ないは別なのだが、学び、気づきの大きさ、深さは変わってしまう。

こんなところにも影響は出るのだなぁ    


Posted by UNI-CON INC. at 23:11Comments(0)マーケティング

2014年04月17日

同質 & 異質

新入社員研修もそろそろ落ち着き始めた。

本日の研修で学生時代は許されたが、社会人になると “異質” なタイプの人達とも付き合わなくてはならなくなるという話があった。

“異質” とはどういう人か? という問題提起から色々な議論が生まれた。

新入社員らしい話や質問が次々と出てくるところが新鮮で楽しい。

“異質の人がいるからチームが成り立つ” “異質だからこそ学びがある” といった意見が出てくる程 学びや気づきがあったようだ。

頑張れ 新社会人!!  


Posted by UNI-CON INC. at 22:27Comments(0)アメリカ ビジネス

2014年04月16日

企業成長の掟

ビジネスを成長させるには幹から枝葉を増やしていくやり方と新しい幹を創るという2つの方法がある。

最初のやり方は堅実で幹がしっかりしていれば枝葉も増えやすく、また幹もその成長にあわせて太くなる。

ユニクロなどはまさにその代表例だろう。アパレルという幹を中心に枝葉を増やしていく。

2つ目のやり方の代表例は富士フィルムなどが挙げられる。
カメラビジネスという幹とは全く違う化粧品や健康食品という新しい幹を打ち立てて成長を続ける。

いままで企業の成長とはそういうものだと認識していた。

しかし、今回 Google が...

  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 21:28Comments(0)アメリカ 起業

2014年04月15日

積極的な親切

先日テレビ番組 “世界番付” である実験をしていた

“外国人が道を聞いたら答えてくれるか?” という実験を各国で行うというものだ

日本は10人中10名が答える。その中の7名は聞いた場所まで連れて行ってあげるという堂々の1位

しかし、これが “困っている人がいたら助けるか?” という実験の時は7位までランクを下げてしまっている。

この差は何か?

日本人は基本的には親切で優しい国民性なのだが、自ら進んで親切をしようとは思っていないということ。そのため、聞かれれば答える、助けを求められれば助けるが、自分からはいかない。

受身の親切なのだ。

これは奥ゆかしさと呼べるのだろうか?


例えば横断歩道で目の不自由な人がいたら...

  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 22:29Comments(0)アメリカ生活

2014年04月14日

釈迦に説法

人の感情を逆撫でするような事を言ったり、やったりする人がいる。

そういう人に限って “自分は出来る人” と思っている。

これが落とし穴だ

確かにそういう人は過去に実績があり、一部優秀であり、評価されているのだが、その分バランスが悪かったり、人の心に配慮することが出来なかったりする。

特に自分が優秀だと思い込んでしまうと、その専門性を飛び越えて相手の領域にまで踏み込んで講釈を垂れてしまう。

これをされた時の相手は流石に良い気持ちはしない。

“釈迦に説法” という言葉があるが...

  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 22:56Comments(0)アメリカ ビジネス

2014年04月13日

新入社員の賞味期限

新入社員研修もようやく一段落

ゆとり世代の片鱗も彼方此方で見え隠れするが、スポーツの世界ではゆとり同世代の若者が大活躍している。

ゴルフでは石川遼、テニスでは錦織圭、サッカーでは本田圭佑 などなど

その他の世界でも活躍する日本の若者が増えていることは大変喜ばしい

先般地方研修の宿泊先で観たTV番組の中で 柿谷曜一朗という若者の話が出ていた。

日本のサッカーにあまり詳しくない私は彼の名を初めて聞いたのだが...

  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 22:58Comments(0)アメリカ ビジネス

2014年04月12日

妖怪走る

娘が今はまっているもの 

“妖怪ウォッチ”

"ポケットモンスター" と “ドラえもん” の良い所取りをしたようなものなのだが、これが異常な人気となっている。

いままでは “プリティリズム” “アイカツ”  など女の子っぽいものが好きだったのだが、2年生となり少し大人っぽさを醸しだしたいのか、少々男の子寄りのキャラクターに興味があるようだ。

しかし昨今のキャラクタービジネスは以前 “悪魔の商法”  で紹介したように メディアミックスを駆使したマーケティング戦略の行き過ぎ感を拭えない。

原因は親にあると思われるが、この妖怪ウォッチは...

  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 20:41Comments(0)マーケティング

2014年04月11日

限定正社員

ユニクロが限定正社員制度を導入すると発表した。

現在ユニクロは正社員比率が極めて低く、今後パート・アルバイトのうちの半分強に当たる1万6000人を正社員にする方針を固めたというものだ。 

“限定正社員” とは世間一般ではあまり聞きなれない言葉かもしれないが “地域・店舗に限定した社員” のこと。

正社員と近しい待遇で安定収入が確保され、異動などがなく、採用された地域で活躍出来ることから、生活の安定、将来設計などがしやすいというメリットがある。

しかし、逆の見方をすれば名称を変更するだけで残業やノルマが増えただけの “名ばかり正社員” という不安要素もあるのでは? という指摘もある。

また、店舗閉鎖などに伴う解雇のリスクも含んでいる。

“今までは店長が一番と考えていたが...

  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 21:05Comments(0)マーケティング