2012年02月29日

ノースウエスタン大学 ケロッグ

久しぶりにノースウエスタン大学 ケロッグで働いている大坂裕子さんから連絡があった。現在彼女は Kellogg の授業も担当されているらしく超多忙な毎日との事だ。

彼女とは色々とご縁があり、もう20年来のお付き合いをさせて頂いている。

ケロッグのあるエバンストンは学生の街として知られているが、総領事公邸や大豪邸が立ち並ぶ ミシガン湖を望む素敵な街だ。

ケロッグには企業の研修などのプログラムがあり、日本企業とも関連が深い。
この辺でも今後色々と接点がありそう。

以前フードビジネスの件で Lettuce Entertain You Enterprises, Inc.の話を伺った事がある。
大坂さんは流石にクレバーな女性だ。

漠然とした質問に対しては “その質問はどういう点をポイントして聞きたいの?”
と逆に質問してくる。

こちらも心して質問をしなくてはならず、回答は的確かつ明確なのが嬉しい。そして彼女とのやり取りがとても心地よい。

レタス社は1店舗のファストフード店経営からスタートしているが、その頃からコンセプトをしっかりと作りそれを具現化してきている。現在ではフード業界では誰しもが知っている存在まで成長している。

シカゴを中心として高級フレンチレストラン TRU や EVEREST、ステーキレストラン WILD FIRE, イタリアレストラン MAGGIAN'S などあらゆるジャンルに進出し75店舗の経営に携わっている。

このレストランビジネス手法は興味深く、今後のマーケティングにも大いに影響を与えてくれそうだ。  


Posted by UNI-CON INC. at 14:38Comments(0)マーケティング

2012年02月28日

バランス感覚

最近娘のアイススケートの帰りに Brunswick Zone でゲームをやって帰るというのが お決まりのコースとなっている。

氷上で汗をかくまで滑り、その後ゲームをやって遊ぶ。娘にとって家族と一緒に何かをやるという行為が楽しく、少なからず感じているストレスの発散にもなっているのだろう。

先日はダンスゲームやカーレースのゲームをやった後 UFOキャッチャーに家族全員が挑戦。
なんと5歳児の娘がデコボコボールをゲット。これは中心を上手にとらえないと脇から転げ落ちてしまうので、バランスを取る事が重要。

コントロールバーを器用に動かし、難しいバランスも取れるようになったかと思うと嬉しくなる。

父親としては それ以上のものを獲らないと面目丸潰れと少々プレッシャーを感じながら、娘(というより妻)が気になっているピンク色の Yo Gabba Gabba の人形を2回目でゲット 

獲っている様子を動画撮影していた妻が 嬉しさのあまり“やった”と騒ぎ 決定的瞬間はブレブレになってしまったので、ここでお見せ出来ないのが残念

遊びもビジネスも人間関係もバランスが肝心   


Posted by UNI-CON INC. at 14:04Comments(0)アメリカ ビジネス

2012年02月27日

娘とデート

本日シカゴ三田会の年次総会が開催された。

毎年家族で参加させ頂いているのだが、今回は妻が風邪をひいてしまい 娘と2人での参加となった。思い返してみれば、出掛ける時は必ずファミリーでいたので、今回娘と2人きりで何かに参加するのは初めてという事になる。

60名程の参加となった本年度の総会。幹事の1人して会場の設置、運営などを担当している事もあり、娘に掛かりっきりになれなかったが、多くの優しい同窓生達に囲まれ とても楽しい時間を過ごさせて頂いた。

最後の BINGO では会場にマイクがなかった為 聞き取りにくかった番号を “32番の人はいませんかぁ”と会場内を歩き回る娘の姿を見て、これは困ったと思っていたが “良く透る声だから有難いね” とこれまた優しいお言葉。しかも特賞まで頂き ちょっと恐縮。

解散後ミツワなどでご褒美のお菓子や妻の食べれるものなどを購入。
娘との楽しいデートを満喫した。

最後に娘に“今日はダディと2人きりだったけど どうだった?” と聞くと “マミーも一緒がいいね”と即答だった。嬉しいやら悲しいやら。  


Posted by UNI-CON INC. at 15:51Comments(0)素敵な人達

2012年02月26日

見極めが肝心

“何で今頃きたのか?” 先日ある責任者にプレゼンをした時に言われた。

“何故?” 逆にこちらが聞きたくなった。

予算取りの最終段階に入っており、我々のプランを気に入ってもらったが時間的に間に合うか否か微妙との事で先程の質問が飛び出したようだ。

とは言え こちらはもう数ヶ月前から別の担当者に資料を渡し段取りをしていた。これが責任者に全く届いていなかったのが原因だ。

特に米系企業や公的機関は担当者の裁量を重んじているので、その攻め方や決済権のあるなしを きっちりと見極めておかないと要らぬ時間と労力を払う事になる。

全ての事に無駄や無意味という事はない。今回もそれまでの積み重ねがあり、キーパーソンに会う事が出来たわけだが、出来れば決済権者に早く会えるに越した事はない。

その為には常にアンテナを張り、相手が何を望んでいるかを正確にキャッチし、チャンスを逃さない。そして見極める力をつける。日本でもアメリカでも基本は変わらない。  


Posted by UNI-CON INC. at 13:47Comments(0)アメリカ ビジネス

2012年02月25日

隣人に感謝

昨日から降り続いた雪は今朝ようやく終息した。

この大雪のお陰で娘のスクールは休校となり、大喜び。

それにしても良く降った。
ドライブウエーに積もった雪をどけないと車も出せない程 積雪量が多い。

いつもは隣のクリスが除雪機で一気に除雪してくれるのだが、おめでたい事に3人目のベイビーが誕生した事もあり、今朝はのんびり過ごしているようだ。

久しぶりにシャベルを手に除雪を始めるが、2,3 往復したところで積雪の多さにヘトヘト。お向いを見るとアダムが除雪をしている。

“申し訳ないけど、そっちが終わったら除雪機を貸してくれる?” と頼むと “勿論 僕がやってあげるよ” 何と優しいのだろう

除雪機の威力は凄まじく、ものの10分程度で綺麗になってしまった。シャベルでやっていたら1時間では終わらなかっただろう。

毎度の事ながら隣人に感謝  


Posted by UNI-CON INC. at 13:36Comments(0)アメリカ生活

2012年02月24日

滅茶苦茶だけど

現代の世界経済の中で どの産業分野も中国を外して考える事は出来ない程 世界最大マーケットの1つとなった中国。

急成長故に色々な問題が噴出している。商標、著作などの知的財産権もその1つ。

日本やアメリカは商標権侵害などのトラブルが多発する中国を知的財産権保護の意識が低いと批判してきた。その報復のように今度は中国企業が世界企業アップルを権利侵害で訴えている。

日本に対しては佐賀県の磁器“有田焼”が既に商標登録されていたり、香川県の特産品である讃岐うどんを表す“讃岐烏冬”の商標登録が出願される等 日本人の誰もが知る有名商品の商標権を奪うべく次々に登録している。日本各地の自治体や企業も対抗措置を迫られている。

“目には目を” やることは滅茶苦茶だが、日本の軟弱な対応に比べて世界外交の強さは感じる。

次に中国が狙っているのは...  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 12:11Comments(0)マーケティング

2012年02月23日

出来るビジネスウーマン

先日メッセージ1つでその人の出来、不出来が分かるといったコラムを書いたが、個人を尊重するアメリカは担当者によって仕事の進み具合も大幅に変わってくる。

今回ある案件で担当となった女性は素晴らしく出来る人で、電話でのやり取り1つでも出来る女性を実感させてくれる。

例を挙げれば必要データの確認をする時に“4ページ目の数字と12ページ目の数字は同じ項目ですが、数値が違っています。私は4ページ目の数値が正しいものだと思いますが、如何でしょうか”

質問事項に対して回答を用意し、その裏づけをきちんと持っている。ある意味当たり前の事なのだが、この当たり前の事を当たり前に出来ている人が実は少ない。

そして何より明るく、元気。これから何か良い事が起こりそうな気持ちにさせてくれる。

この担当者に代わってから ほぼ1年間遅々として進まなかった今回の案件が 僅か2週間で終決。今までの時間と労力、担当者が4人も代わった事はいったい何だったのだろうと悔やまれるが、それもアメリカ

取り合えず 1つ前進した事を喜ぼう。  


Posted by UNI-CON INC. at 12:57Comments(0)アメリカ ビジネス

2012年02月22日

永山基準

山口県光市母子殺害事件 13年の時を経て死刑判決が確定した。

1審判決で無期懲役となった時 “被告を早く社会に出してほしい。私がこの手で殺す” と司法への絶望を言葉にした 殺害された母子の夫であり父である本村洋氏の姿は今でも印象に残る。結婚1年7ヶ月 23歳の妻と生後11ヶ月の娘を殺害された氏の本心だろう。

その後の本村氏の毅然とした態度と言動、それを伝えるマスコミ。法律学科 刑法 被害者学専攻の私にとってはとても忘れられない事件の1つだ。

何故この時 1審判決では死刑ではなく無期懲役になったのか?   続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 14:15Comments(0)マーケティング

2012年02月21日

大統領の誕生日

今日は presidents Day Weekend の3連休 最終日 

プレジデントデーとは本来 Washington's Birthday の事で アメリカ初代大統領 Gorge Washington の誕生日(2月22日) を祝して 毎年2月の第三月曜日を国民の休日としている。

実際 第三月曜日は15日から21日となり22日は入らないのだが、これは同じ2月生まれ(12日) リンカーン大統領と共に祝う事を意識しているのかいないのか。

リンカーンの生誕の地 イリノイでは別に Lincoln 's Birthday として祝うところもあるが、特に国民の休日とはなっていない。 

そんな偉人達のお陰で娘の学校も休み。猛烈にはまっているアイススケートに行き、次回のレッスンの申し込みをしてきた。3月6日から8週間のレッスン。それまでに少しは上達したいという娘の希望で私と2時間弱スケートを楽しむ。

最初は怖いもの知らずで猛烈なスピードを出していた娘も、転ぶ怖さを知ったのか今日はやけに慎重だ。それでも着実に成長しているのが分かる。子供の頃からスポーツ、音楽、芸術、自然に触れさせてあげられる機会がいたるところにある環境。アメリカ生活の醍醐味だ。  


Posted by UNI-CON INC. at 15:30Comments(0)アメリカ生活

2012年02月20日

ミーアの涙

先日娘と一緒に買い物をしていたら突然声を掛けられた。何と以前娘が通っていたスクールで大変お世話になった先生 ミーアだ。

2年前 娘が3歳の頃 2つのプライベートスクールに通っていた。1つは現在通っているスクール もう1つがミーアのいたスクール。どちらもそれぞれ素晴らしい教育方針を持っている。

親としては教育カリキュラムがしっかりしているミーアのスクールを第一候補、今のスクールは語学とスクールライフに慣れるための第二候補と考えていたのだが、ある事件をきっかけに現在のスクールだけに通う事になった。

2つの幼稚園を掛け持ちで通うなど日本では考えられないかもしれないが...  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 13:04Comments(0)アメリカ 子育て

2012年02月19日

アメリカ景気回復の予兆

3連休となるこの週末 初日は久しぶりに家族でショッピングを楽しんだ。

20日のプレジデントデーを控えた週末は、どこもセールモード全開。行く店、モールなど何処も混雑している。景気が好転するには、まず大企業を中心とした経済状態が順調に回復する事で、社員の生活が安定し、一般消費が向上するという経済循環が必要。

サービス産業の景気が好転しているという事は、消費経済大国アメリカの景気好転の兆しが出てきている1つのバロメーターとなる。

今年の秋口に控えた大統領選挙の布石としての一過性のものに過ぎないのかもしれないが、それでも雰囲気が明るくなるというのは素晴らしい。

家族でのんびり過ごせる週末。ケーキを買って、テレビを観ながら笑顔が溢れる時間。シカゴには珍しく穏やかな気候が続く。幸せを感じる。  


Posted by UNI-CON INC. at 14:05Comments(0)アメリカ ビジネス

2012年02月18日

日本の失敗

日本という国は素晴らしい。

バブル崩壊後の日本経済は一旦どん底まで堕ちた。金融システムの破綻を経験した後も世界第3位の経済大国でいられるのは、政府の稚拙な政策の中でも、その後の長い不況時代を上手に対応し乗り切ってきているからだ。

米紙ニューヨーク・タイムズのオピニオン欄で日本をよく知るアイルランドのジャーナリスト イーモン・フィングルトン氏の 「The Myth of Japan’s Failure 日本の失敗という神話」 という論説が掲載された。

フォーブス、ファイナンシャルタイムズの元編集者だけあり着眼点が実に面白い。
いくつか紹介すると...


  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 11:54Comments(0)マーケティング

2012年02月17日

コダックと富士フイルム

IT化が急激に進む中 企業の対応により明暗がくっきりと分かれだしている。

つい先日 世界最大の写真用品メーカーである イーストマン・コダック社が 連邦破産法を申請した。

世界で初めてデジタルカメラを開発したコダック社が倒産したのに対し、同じ分野で世界市場を二分していた富士フイルムは、デジタル化によって本業である銀塩フィルムがなくなるという厳しい環境下で生き残っている。

その差は何か...

  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 14:11Comments(2)マーケティング

2012年02月16日

韓国のおにぎり

韓国では “おにぎり” の事をチュモク・パプと呼び、ご飯を丸く固めただけの非常食的な存在。しかも手で食べる事から品の悪い “こじきメシ” という意識が強いらしい。

その為 “おにぎり” が商品になるとは韓国の誰もが想像しなかった。

それが最近 韓国に進出した日本のコンビニ業者が人気商品に仕上げてしまった。なぜ商品化出来ないと思われていたモノをヒット商品に育てあがる事が出来たのか?
  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 14:11Comments(0)マーケティング

2012年02月15日

キッズバレンタイン

バレンタインデーの今日 娘のスクールでもバレンタインパーティが開かれた。

といっても子供達がそれぞれ持参したバレンタインギフトを、クラスメイトに配り スクールが用意したお菓子を食べる程度の軽いもの。

それでも娘は喜びを隠しきれない様子でウキウキしてる。

昨年はディズニークルーズに行っていたので、参加出来なかったが、今年はグッディバックに数種類のお菓子とシールを詰め合わせにしたものを持参し、元気良く出かけていった。

子供達は大興奮し、誰々からこんなものを貰ったと大喜びしている。

娘はお菓子を貰ったことよりも、大好きなカーレンと仲直り出来た事が嬉しかったようだ。
“カーレンってカッコイイし、優しいし もうメロメロ” という5歳児を見て複雑な心境。

アメリカは日本と違い 女性が男性にチョコレートを贈る習慣はないが、男性が女性に花を贈る光景が目に付く。今晩はファミリーでイタリアンでも食べようと出かけていったが、どこも1時間は待たなければならい程、平日の夜にもかかわらず大盛況。バレンタインパワーで不況を吹き飛ばせ。  


Posted by UNI-CON INC. at 13:21Comments(0)アメリカ 教育

2012年02月14日

ブログ撮影のマナー

レストランでの料理写真撮影のマナーについてインターネット上で話題になっているらしい。日本人女性(20代)の 70% はレストランで料理の写真を撮った事があるようだ。

店側は良い事も悪いこともブログに掲載される事で宣伝になると 大らかな対応をするところが多いようだが、出来れば一言断ってから撮るくらいの礼儀は欲しいところだ。

職業柄ブログがまだない時代から料理やレストランなどの写真を数限りなく撮ってきたが、殆どの場合 断ってから撮影していた。特にアメリカの場合 お客様であろうと人物を勝手に撮影する事にかなり注意を払っている。ややもすると訴訟問題に発展する可能性もあるからだ。

テクノロジーの進化によってブログも誰でも簡単に出来るようになり、撮影も気軽になった。その昔 友人のカメラマンがアメリカの現像技術が悪く、現像のためだけに日本に帰る事があると言っていた時がある。その頃から比べれば随分楽になっただろうが、プロとアマチュアの境界線もファジーになったのではないだろうか。

どの業界でもプロとしての技術を磨き 向上していかないと、競争に負け、信頼を失う。
何事も日々精進。

  


Posted by UNI-CON INC. at 13:34Comments(0)マーケティング

2012年02月13日

転職

ここ数ヶ月少々キャパオーバー気味の仕事量をこなしており、健康維持のために始めたテニスで気分転換をはかっている。

学生から社会人になった時に ある先輩から “仕事を一生懸命やると週末が楽しくなる” とアドバイスを貰ったことを思い出した。

先週の日曜日から今日までの8日間のうち なんと5日間もテニスをした。これではどっちが仕事か分からない。テニスプレーヤーにでも転職するのかと言われてしまいそうだ。

そして今日はシングルス戦の試合。9名参加で 4 - 5 の 2チームに分かれ総当りの後 順位決定戦に進むという変則的な展開となった。

結果3勝2敗 現在王座に君臨する師匠にあと1歩 怪我で休養を取っている太郎ちゃんも応援に駆けつけてくれ試合後の感想として “次の試合では勝てますね” と言ってもらえたのは心強い。

キリン君は3位の松井さんを破るなど成長著しい。熱心に練習した成果が着実に出ている。

仕事と趣味、運動のバランスを適度に保ちながらアメリカ生活をエンジョイしている。


  


Posted by UNI-CON INC. at 11:19Comments(4)スポーツ・健康

2012年02月12日

国際結婚・離婚

浜崎あゆみの離婚報道を見た。日本の国民的スターの離婚はゴシップ好きにはたまらない恰好のネタになるのだろう。私が興味をもったのは 彼女の離婚は日本で籍を入れていないので、日本国内ではバツイチにはならいという事。

厚生労働省の人口動態調査によると、昨年の国際結婚は約 30,000 件。
国際離婚も約 19,000 件にのぼり、2/3 が離婚をしている計算となる。

ここで日米間の結婚、離婚の違いについて少し触れよう。日本は結婚をすれば籍を入れるのが通常だが、戸籍がなく社会保障番号(ソーシャルセキュリティ番号)で管理しているアメリカは勝手が違う。

日本の法制度は離婚後どちらか一方が親権を持つ「単独親権」だが、欧米では離婚しても双方が親権を持ち、子供にかかわり続ける「共同親権」が一般的。

従って離婚後も子供を通して別れた二人が会ったり、連絡を取ったりする事は当たり前。子供は決められた日に父親や母親と会う生活となる。

そこで問題となるのが、気軽に子供を連れて里帰りが出来ないという事。勝手に子供を海外に連れ去れば重大な親権妨害とみなされ、容疑者として指名手配されてしまう事もある。

外務省によると、各国政府から日本人による子供の“連れ去り”が指摘されたケースは約 200 件。
このうち約 100 件は米国政府からだという。

流石法律の国アメリカ 義理人情、阿吽で通用する日本とは大きな違いがある。  


Posted by UNI-CON INC. at 16:57Comments(0)アメリカ 子育て

2012年02月11日

極論も時に正論

大手自動車メーカーの新機種製造開始や新工場設立など アメリカ中西部も少しではあるが景気回復の兆しが見えてきた。お陰で我々がお付き合いさせて頂いているサービス産業にも少しだけ潤いを感じる所も出てきている。

とは言えレストランなどは まだまだ厳しい状況が続いている所が大半。

先日ある商社の社長とミーティングをしている時にレストランビジネスの話題になり、景気好転の流れがサービス産業に届くまでに多少の時差があるという話しをしていた。

そしてこの厳しい環境下でビジネスを続けるより、景気回復しレストラン経営が黒字転換出来るまで店を閉めてしまいレントだけ払っていた方が賢明な時がある。と言っていた。

これは極論だが、確かに営業をしていればお客が入らなくても従業員の給料、光熱費、材料費などが嵩み 赤字幅が広がる可能性がある。

しかし閉鎖期間に顧客が全てゼロになってしまう事の問題の大きさは計り知れない。そして、それを取り戻すために どれだけの労力、時間、エネルギーを費やさなければならないか。

継続は力
じっと我慢をして傷を最小限に止めていく努力をしなくてはならない事もある。  


Posted by UNI-CON INC. at 13:48Comments(0)アメリカ ビジネス

2012年02月10日

メッセージ1つで

ある件で問合せをした所 早々に返答があった。残念ながらその場で電話を取る事が出来ず、残されたメッセージで内容を確認する事に。

クリアな声と訛りのない綺麗な英語でのメッセージ。

移民の国アメリカでは多くのメッセージは純粋なアメリカ人である事は殆どないと言って良い程クセのある英語で残されており、時にはアクセントがきつく言っている事が分からない事もある。

その為 返信をする気が失せる時が多いのだが、今回は即座に連絡を取った。
何故ならば...  続きを読む


Posted by UNI-CON INC. at 15:48Comments(0)アメリカ ビジネス