2011年11月30日

AA 経営破綻

アメリカ第3位の航空会社 AA アメリカン航空が経営破綻した。AAのホートン社長は「難しい決断だったが、財務的に強い会社になるために必要だった」との声明を発表したが、9月末時点の負債総額は約295億ドル(約2.3兆円)をチャラにするわけだ。

日米間路線で共同運航(コードシェア)を行っているJAL 日本航空も昨年負債総額約2.3兆円 金融を除く企業としては国内最大の経営破綻をしている。

負債が免除になるだけで金利負担がなくなり数字上は随分と楽になるだろう。ここまでの巨大企業になると国が税金を使って保護をするとボヤく人もいるが、巨大企業を潰してしまう事での負の遺産も大きい事を忘れてはならない。

JALの2009年3月期の連結決算は1兆9,511億58百万円 それに対して2.3兆円の負債とは..

それにしても日本国内業界1位のJAL アメリカ航空業界 3位のAA 現在1位のUA(ユナイテッド航空)も2002年に経営破綻している。業界トップ企業が経営破綻するというのは、航空業界自体に構造的な問題があるとしか考えられない。

健全な経営体質を持つ航空業界になるための再編を期待したい。
  


Posted by UNI-CON INC. at 11:24Comments(0)アメリカ ビジネス

2011年11月29日

負けず嫌い

先日のシングルス戦で惨敗した関上先輩からお誘いの電話があった。
“お互い1からやりなおそう”と誓っただけに朝からみっちり90分間汗を流す。

先般の負けが相当悔しかったらしく、新しいラケットまで買っていた。私は切れ掛かったガットのテンションをあげ張りなおすだけだった。気合の入れ方が違うと感心させられる。

この負けず嫌いの精神は起業家には大切な要素。リクルート時代は周りが全員負けず嫌いだったので常に競争原理が働き、それが業績アップに直結していた。その中でも独立していった人達は一際目立った負けず嫌い集団だったような気がする。

関上先輩も起業家であり成功者だけあり、負けず嫌い度は高い。現在所属しているテニスチーム
“バイキンズ” も起業家集団だけあり、負けず嫌いの集まりだ。以前ほど闘志剥きだしの戦いや喧々諤々といった口論は少なくなったようだが “勝ち” にこだわる猛者は多い。

歳を取るにつれ角がとれて丸くなる先輩方が多いが、いつまでも良い意味で尖っていたい気がする。  


Posted by UNI-CON INC. at 11:51Comments(2)素敵な人達

2011年11月28日

時間を考える

1日24時間 時間は皆に平等に与えられているものだ。しかし1日6時間眠る人と10時間眠る人で1日の長さ、経験、体験出来る時間の長さは変わってくる。1年で60日 寿命80年として計算すると約13年間の差が出ることになる。だが時間の長さは問題ではない。

問題なのはその時どう生きたか。違いは深さと密度。同じ時間をどう使ったか、何に使ったか、誰と過ごしたか。人はそれによって生き方が変わる。

12月で滞米23年目となる。 起業して21年。 どんな生き方をしてきたのか、これからどう生きるのか。そんな事を最近ちょっと考えている。


  


Posted by UNI-CON INC. at 11:56Comments(0)アメリカ生活

2011年11月27日

アメリカ景気対応策

ブラックフライデーの前倒し商戦から週末へ続く4日間の大セールが終了するのも待たず、既に本日のチラシ広告にクリスマスセールの案内が入っていた。アメリカ景気復活に注ぐ情熱と焦りが見え隠れする。

そんな中まんまとその作戦に乗り、多少なりとも景気回復に貢献しようと本日もまたショッピングに繰り出してしまった。そしてクリスマスの飾付けアイテムをゲット。

Thanks Giving Holiday は家族とゆっくり過ごすか、旅行に出かけるか、ショッピングに明け暮れるか。今年のホリデーは買物三昧。たまにはこういった連休の過ごし方も良いだろう。

アメリカは10月末のハロウィンが終わると、感謝祭、その直後からクリスマスと一連の流れが作られている。消費大国アメリカのマーケティングの巧みさが現れている。  


Posted by UNI-CON INC. at 14:38Comments(0)マーケティング

2011年11月26日

ショッピングラグ

感謝祭を挟んだショッピング商戦にまんまと乗った我ファミリーは完全に時差ぼけ。ジェットラグならぬショッピングラグに陥っている。

感謝祭前日のセールから始まり、午前6時には娘のおもちゃを購入 その足で関上先輩と1時間30分シングルスの対戦で汗を流す。その間 家ではネットショッピングに励む妻の姿が目に浮かぶ。

その晩9時スタートの大セールに突入 目的は大人のファッションアイテムの購入。随分遅くまで付き合ってくれた娘も流石にダウン 移動の車の中で爆睡状態。他のファミリーを見ても子供は皆グッタリ。ちょっと可愛そうな気もするが、アメリカでは子供だけを自宅に待機させると犯罪となり逮捕されてしまうので、一緒に連れ出すか誰かに預けるしかない。

夜中3時に一旦自宅に戻り仮眠を取り翌朝から娘のおもちゃなどの購入。これでやっと娘の笑顔が戻る。感謝祭翌日の正午12時には殆ど Black Friday Sale は終了するのだが、今年は After Black Friday もしくは Black Saturday と呼ばれ翌26日も引き続きセールをするところが増えている。

我家の Black Friday は一段落。いつもであれば戦利品を広げワイワイやるところだが、流石に眠い。今年は珍しくこの時期にしては暖かく近隣では芝刈りや落ち葉拾い、子供達の遊ぶ声で賑やかだが、2日間に及ぶショッピング三昧にその元気は残っていない。一眠りさせてもらおう。  


Posted by UNI-CON INC. at 10:40Comments(0)アメリカ ビジネス

2011年11月25日

真夜中の群集

感謝祭の夜中 正確には午後9時から至る所で大セールが開始 我々は 40 km 程南下した所にある Aurora Premium Outlet に出かけた。通常でも激安のアウトレット 今晩はそれに輪をかけて大セールになるとあれば人々が放っておくわけがない。

特にこのアウトレットモールには Armani, Coach, Ralph Lauren, DKNY, Diesel など一流ブランドがあるので普段でも人気のあるモールだ。人気ショップはセール開始時間をずらしているようで、午後9時、10時、12時と開始時間が異なりその度に行列が出来る。

それにしてもこの人の多さには驚かされる。真夜中にこれだけの人が集うというのも凄い現象だ。しかもオリエンタルがやたらに目に付く。殆どが中国人。世界人口の20%を占めているだけある。

ここ3年程 Black Friday Shopping を楽しんでいるが、毎回人の多さに嫌気が差し来年は来るのを止めようと思うのだが、これもアメリカの1つの風物詩として楽しむ事にしている。
また今年もアメリカの景気回復に貢献してしまった。

  


Posted by UNI-CON INC. at 18:22Comments(0)アメリカ ビジネス

2011年11月25日

嵐の前に

Thanks Giving Day  感謝祭 毎年11月の第4木曜日 アメリカ全土が祝日となりその週末を入れて4連休 家族で集まりターキーなどを食べ神の恵みに感謝をする。

さて、前にも触れたがその翌日は Black Friday と呼ばれ一大セールが開始される。

チラシ広告だけではなくメールにも続々とセール情報が流れ、家電、おもちゃ、服、雑貨などの他 車までセールになるのだから驚きだ。

今年は不況の煽りか前倒しでセールがスタートするところが多い。中西部を中心に展開する大型総合スーパーの Meijer も朝の6時から一部セールを開始するという事で娘の為に早起きをした。

シルバニアファミリーの大きなお家が $10 off プラス4匹のうさぎの家族がおまけについてくるというチラシを見つけた妻&娘にお願いされ早起きしたは良いが、当事者二人はまだまだスヤスヤと熟睡中。1人で出かけお目当てのモノをゲットし驚かせてあげた。

本日は各ストアーも日中は店を閉め、夜からのセールに備えているのでショッピングモールの駐車場はガラガラ。そんな中 大型家電ストアー BEST BUY の前に寝袋姿の行列を見てびっくり。日本でも最近発売されたアップルの I4S に行列が出来たが、どの国にも行列好きがいるものだ。

年に1度のショッピングのお祭り。今晩は夜通しのショッピングになりそうだ。  


Posted by UNI-CON INC. at 09:34Comments(0)アメリカ ビジネス

2011年11月24日

アメリカ駐在

シカゴに7年駐在し昨年帰任された打越氏が訪ねてきてくれた。娘同士が同い歳という事もあり、家族ぐるみで仲良くさせて頂いている。年間4回程シカゴへの出張があり、時間があれば拙宅を訪れてくれる。その度に奥様が用意してくれた日本のお土産を頂くのだが、心配りが素晴らしく娘の大好きなものばかりで大喜び。

今回も忙しい中お土産までお持ち頂き、色々とお話しを聞いた。日本に帰任当初はやはり色々と逆カルチャーショックもあり、慣れるまでに時間を要したようだが1年経ち随分と日本の生活にも馴染んだとの事。

ただ通勤ラッシュと人の多さには未だに閉口するらしい。アメリカにいれば人とぶつかるという事がないが、日本では日常茶飯事。また、至る所に変な人がいるという。例えば混雑している電車の中で子供が吊り革に捕まりブラブラしながら騒いでいても、親は注意するどころか “そんな事も出来るようになったのか” と喜び一緒になってはしゃぎだす始末。そしてその光景を見ても誰も注意しない。

何事も便利になり恵まれた生活環境の中で、日本人は我慢しなくなった気がすると言われる。すぐにキレるし、何をしでかすか分からない人達が増え、アメリカにいる時より危険な気がするとも言っていた。

お互いに幼い子供を持つ親として将来的にどこに住む事が幸せなのか、日本での教育や親同士の付き合い方、家族との過ごし方など仕事の話は殆どない楽しい話題で会話の弾む素敵なひと時を満喫した。  


Posted by UNI-CON INC. at 12:30Comments(0)アメリカ生活

2011年11月23日

編集長が料理

今日たまたま目にした日本の週刊誌に友人が出ていた。SNSで河畠編集長が載るというのは聞いていたが、実際その週刊誌を見る機会はなかった。

偶然開いたページに “おじさんのための一皿料理教室” というタイトルが目に飛び込み、その下に懐かしい顔が登場。驚きと同時に懐かしさや嬉しさが込み上げる。

彼は大学のゼミの同期で 結婚式の司会をやらせて頂いたという縁もあり今でも親交はあるのだが、何しろ週刊誌の編集というのは突然事件が発生したり、特ダネが飛び込んだりと何があるか分からない。日本滞在中にゼミ仲間と会う予定を立てても、なかなかスケジュールを合わせられず会う機会を逸する事が多い。

そんな彼の登場記事を読むと、料理の事を通して家族の話題などもあり微笑ましい。奥さん、家族を大事にする彼らしさが文面から伝わってくる。

プライベートな事なので、ここでは詳しく書けないが彼が彼女の日記を偶然目にした事で結婚を決意した話しや結婚式でのエピソードを今でも思い出す。

学生時代の友人が頑張っている姿を見るのは本当に嬉しい。
これからは家族のために 料理を創る機会を増やそうと思う。  


Posted by UNI-CON INC. at 10:33Comments(0)素敵な人達

2011年11月22日

牛角シカゴ

本日三菱商事 林支店長とのミーティング前に牛角シカゴ店でランチを食べた。まずはそのボリュームに驚く。これは私だけに特別サービスされた量なのかと思うほど。大切なミーティング前に満腹になってしまった。だいたいランチに焼肉を食べる事に問題がある。

日本の牛角をあまり知らないがこのボリュームと価格は凄い。ニューヨーク2店、カリフォルニアに8店、ハワイ2店と既に全米で13店舗 グループ全体では1,000店舗を越える一大ビジネスに成長している。林支店長もシカゴには日本風焼肉屋が少ないだけに良く利用されているようだ。

たまたま牛角USAの社長がLAから来られていたので、挨拶がてら弊社の事業案内をする機会を貰った。どこにチャンスがあるか分からない。常にアンテナを張るよう心がけているが、たまには今回のような偶然があるのも嬉しい。

偶然の出会いからビジネスに繋がり必然に変わる。期待しよう。
  


Posted by UNI-CON INC. at 11:05Comments(0)アメリカ 起業

2011年11月21日

景気回復の起爆剤

アメリカのデパートの中に設置された巨大なタッチパネル これは店内の商品を購入出来るオンラインショッピングマシーン

こんなものをわざわざ設置しなくても自宅のPCから購入出来るだろうとは思うものの、暫く様子を見ていると物珍しさに人々がやって来てはタッチパネルを操作し始めた。 

子供も興味津々でそれを見て真似をする。またその様子を見ていた別のファミリーがやって来て操作するといった連鎖が始まる。

11月24日(木)は Thanks Giving Day そしてその真夜中から Black Friday と呼ばれるアメリカの中で最も商品が安く買えるセールが開始される。このブログでお馴染みの岸岡氏も Black Thursday と題してコラムを書かれているが、例年深夜12時からスタートする Black Friday は近年セール開始時間が午後9時など前倒しで始まり、これがトリガーとなりクリスマス商戦に突入する。

消費大国アメリカの起爆剤。景気回復を期待しよう。

  


Posted by UNI-CON INC. at 11:08Comments(0)マーケティング

2011年11月20日

緊張の糸

第2回 シングルス戦があった。今回は出場選手も少なく優勝チャンス 通常通りA&Bブロックに分かれ予選 その後決勝リーグになる。今回は予選15分 決勝リーグ20分とゲーム数ではなく時間内で勝ちゲームの多い方が勝者となるルール

Aブロックには師匠、ミスターの強敵がいる。まずはミスターとの闘い。モックンとの試合でガットが切れかかっていたが、そのまま続行。前回は勝利したが今回は3-3と同点 1本勝負で勝敗を決めるルールなのだが、何と痛恨のWフォルトで落としてしまった...

次の師匠には絶対に勝たなくは決勝リーグに進めない。2-1で迎えた4ゲーム目 残り時間2分となり師匠のサーブ 全てリターンエースを取っていかないと時間切れで負けてしまう。しかし流石ランク1位の実力者 かなり厳しいボールを打っても必ず打ち返してくる。ここが王者の強さだ。かなり追い詰めたものの、結局は打ち負かす事が出来なかった

問題はここからだ。この二人に照準を絞っていただけに対戦を終えた瞬間ガットの前に緊張の糸が切れてしまった。ランク11位のゲンちゃんに3-3 またしても1本勝負 得意のクロスストロークで決まったと思ったら 走り 追いつき 打ち返してきた。

緩く上がったボールはサイドラインを越えたと思い見過ごしてしまったらボール1/4程ラインにオン 
まさかの敗退 土曜日の朝練を頑張っているだけあり 確実に力が付いてきている。

油断大敵 言い訳無用 何とランク4位の関上先輩も13位のキリンに負け 決勝リーグ進出ならず。バイソンに合わせる顔がない。試合後2人で “1から出直そう” と誓いを立てた。  


Posted by UNI-CON INC. at 11:19Comments(2)スポーツ・健康

2011年11月19日

保護者面談

娘の幼稚園の保護者面談があった。各セッション(3ヶ月)毎に行われ、通常は親と先生のみで面談をする事になっているが、子供を預けられないなどの理由で一緒に参加するファミリーが多い。

この形式張らないところがアメリカの大らかさであり気に入っている。

教室には入る前に4枚のシートを事前に渡される。3枚は学問、素行面などに関しての評価が書かれたシート、1枚は総評が書かれている。これをクラス全員分作成し、それぞれ面談するというのも大変な作業だ。

まだ幼稚園児という事もあり、殆どは “彼女は素晴らしい” “凄く成長している” など褒め称えられるので、こちらも悪い気はしない。


その間 娘は教室内で放されたウサギと遊んだり、ハムスターに餌をあげたりしている。面談を受ける親達もジーンズにポロシャツ等のラフな格好で日本の先生や親達が見たら驚く光景だろう。

わが子はちゃんと園児として過ごし、勉強、友達や先生との付き合い、情緒面に問題がないかなどを確認するという面談の本質がきっちりと理解されていれば形式的な事は誰も気にしていない。これがアメリカ。

形式ばかりに気をとられ本質を見失いがちな日本に対し、実質・本質主義のアメリカで教育を受けさせられる事は嬉しい。ただし日本人としての素晴らしさは失わないように気をつけながら子育てをしている。  


Posted by UNI-CON INC. at 10:01Comments(0)アメリカ 教育

2011年11月18日

大事故

ご存知の通りアメリカは車社会 
特に我々の住む中西部は車なくして仕事も生活も出来ない。

シカゴのダウンタウンはアメリカにしては珍しく電車があるので、郊外に住みダウンタウンに通う人達も多い。

これから冬に向かうシカゴにとって車での生活は苦労が多い。環境面への配慮から日本のように雪国でのスパイクタイヤの使用が出来ないのでスノータイヤになるが、多くの人はノーマルタイヤのまま走行している。

先日一般道路で珍しく渋滞していたので、何があるのかと注意していたらご覧のように大型タンクローリーが横転していた。ガソリンを積んだ大型車が横転して 万が一火が出ていたら大惨事になりかねない。

幸いカーブが曲がりきれずに横転しただけだったようで惨事は免れたが、恐ろしい事故を目の当たりにし、これから冬に突入するシカゴでのドライブには気をつけようという気構えが出来た。
初心忘るべからず。  


Posted by UNI-CON INC. at 07:43Comments(0)アメリカ生活

2011年11月17日

経験の差

日通商事USA 関社長とランチミーティング
オハイオ、ロサンゼルス統合など今年は出張も多く、極度にご多忙の日々を送られご苦労も多かったようだ。その甲斐あって今期はこの不況下にありながら良い結果が出せそうと嬉しいお話が聞けた。

関社長とはテニス仲間 大学時代体育会テニス部の主将を務めていただけあり、正統派の綺麗なテニスをされる。時々平日の早朝に1時間程お付き合い頂き ご指導頂く。

ワンポイントアドバイスが的確でそれに向けて指導してくれるので、1時間の中にかなり凝縮したスパイスが盛り込まれ凄く実践的な練習をさせてもらえる。Tシャツはビショビショ 顔から汗をかく程激しく打ちまくる。

前回のダブルスの試合で関・吉田ペアに負けてしまったので自分の戦略ミスを反省していたら、それを上回る戦略で臨まれていた事が分かり脱帽。さすが技術だけでなく試合運びにも経験の差が出る事を実感。練習あるのみ。  


Posted by UNI-CON INC. at 13:21Comments(2)スポーツ・健康

2011年11月16日

NYの経営者

ニューヨークから便利帳の吉田仁社長がシカゴに来られたので会食

吉田さんは駐在員向けのバイブル 便利帳を発刊する傍ら帰任されるご子息向けの帰国便利帳、オンラインで講習が受けられる Y'Sアカデミーなど次々と商品化。そのアイディアと商品に対する思い入れ&熱意が素晴らしく熱い経営者だ。

また営業マンとしてのセンスも抜群 断られても断られても次に行く 我武者羅に取れるまで頑張る。それがストレス発散と言い切る。彼がシカゴにいてくれたら とても良い刺激になるだろうと常日頃から思っているのだが "いつかは一緒に何かをやりましょう" と言ってくれるからには拠点がニューヨーク&シカゴと離れていた方がネットワークが広がり良いのだろう。

シカゴ、ニューヨーク、東京と機会があれば何処かで必ずお会いして情報交換をしながら、お互いに良い刺激を貰い次のステップに繋げていく。

彼の夢・構想を聞くと本当に楽しくなる。嬉しい事に "何かを一緒にやろう" と言ってくれる人達が周りに溢れてきている。

  


Posted by UNI-CON INC. at 16:55Comments(0)アメリカ 起業

2011年11月16日

風の悪戯

ガレージのドアが閉まらない。壁に取り付けられているボタンを押すとオープン/クローズが出来るのだが、閉める時はボタンを押し続けないとならない。車にセットしたボタンもしくはリモートコントロールではガレージドアが開くだけで閉まらない。

昨日までは何の問題もなくスムーズに開閉していたものが突然このような事態になってしまった。どうも電気系統にトラブルが生じると良からぬ事が起こるというジンクスがあり悪い予感がする。1秒でも早く解決してしまいたい。

早速マニュアルを見て研究 どこにも解決策が見つからない。ネットで調べる。同じくトラブルシューティングの中に同じような現象はない。仕方がなくカスタマーサービスに連絡。電話だと廻されて要らぬ時間を要するので アメリカの場合メールでの問合せを心がけている。

返答を待つ間に自分でも出来る事があるのではないかと思いガレージに。
何かの拍子にプログラムが狂ってしまったのか? 電源が切れてしまったのか など考えている時にふっと足元を見ると何やら白いものが絡まっている。

昨日の強風で飛ばされてきたビニール袋だ。その時にハッと気がついた。
もしかしてこれがセンサーを誤作動させているのでは。
絡まっているビニール袋を退けてみたら見事にガレージドアは開閉しだした。

問題の根本的な原因は往々にして単純なところに隠れている。これさえ見つけられれば大問題に発展する事を未然に防げるのだが...  


Posted by UNI-CON INC. at 08:19Comments(0)アメリカ生活

2011年11月15日

またも送別会

先日 シカゴ三田会で長年ゴルフ幹事を勤めてくれた永坂君の送別会があった。2005年に来米され6年 帰任の話しは何度かあったが遂に日本へ帰国される事になった。

彼のお陰で色々と趣向を凝らしたゴルフを楽しめた。

彼のコメントで “25歳から70云歳までの方々を纏めるのは大変だった。とても良い経験になりました”とあったが、確かにそれだけ幅広い年齢層を纏めて毎年定期的にゴルフイベントを開催するには随分とご苦労もあっただろう。

シカゴ三田会で何度送別会をやった事だろう。

駐在で来られた方は任期が来れば何時かは帰任される。私も在米22年となった。果たして送別会をやる側から送られる側になる日は来るのだろうか?  


Posted by UNI-CON INC. at 16:17Comments(0)アメリカ生活

2011年11月14日

クリスマスカード

毎年この時期になると娘の記念写真撮影と兼ねてクリスマスカード制作用の家族写真を撮りに行く。例年お気に入りのフォトグラファーに撮って貰っていたのだが、この不況の煽りかそのスタジオが無くなってしまい、今年はデパート系に入っているフォトスタジオにて撮影

週末という事もあり、小さな子供やベイビーを連れた家族で溢れていた。

我々の予約時間は午前11時40分 時間通りに到着したがまだ前に5組のファミリーが待っている。彼らの予約時間を調べてみると 11:20, 11:30 確かに我々の予約時間よりも早い

仕方なく待つことに。1組の撮影時間は約20分 撮影後写真を選択し どの大きさの写真にするか、カードにするかなどの打ち合わせに15分程度 どう考えても10分おきにアポイントを入れるのに無理がある。待っているファミリーの殆どが不満顔 せっかく楽しく家族写真を撮りに来ているのに、このサービスでは本末転倒

2つのスタジオで撮影が行われていたが、結局我々の撮影が開始されたのは 1時 予約時間の1時間20分後 酷すぎる そして我々の撮影時間は5分 娘のカット2ポーズ ファミリー1ポーズ 計11枚の写真撮影で終了 驚きだ。

今までのスタジオでは撮影に1時間 撮影枚数100枚近い中から満足の行くものを選択するのに30分 価格もそれ相応のものだったが満足度は高い。それに比べ今回の撮影は当然の事ながら満足の行くサービスでもなく 写りも納得がいくものではない。

こういった比較をして初めてサービス、価格、満足度などの違いが見えてくる。ただし世の中には後者のサービス、価格で満足する人達も大勢いる。価値観の違いを知っておく事も重要だ。  


Posted by UNI-CON INC. at 09:29Comments(0)アメリカ ビジネス

2011年11月13日

美人経営者達

先日シカゴ郊外の街 Lombard のイタリアレストラン BRIO にて美人経営者お二人とランチミーティング。翻訳通訳、ツアーなどを主業務とする会社を起業したお二人は起業して2年 起業当時からお付き合いをさせて頂いており、当初は随分ご苦労されたとの事だが、少しずつ軌道に乗ってきたとの事。

あるTV番組でヤマト運輸の特集をやっていた。業界 NO.1 にあっても油断する事なく、社長の号令のもと現在 “ムカデ経営” を実践中。このムカデ経営というのは 運輸を主軸として関連事業、新規事業、商品開発などをムカデの足に例え、それらを育成していくというもの。

このお二人も同じように本業を主軸として、色々な事業展開を模索されている。日々努力されている姿に感銘を受ける。弊社でもご一緒に出来る事、協力出来る事を積極的に推進していこうと思う。

さて、このレストラン BRIO は この不況下にあってなかなか盛況な混雑ぶりだ。黒い服を着ている私には白ではなく、黒いナプキンを用意するなどアメリカのレストランの中では気の利いたサービスをしてくれる。紅茶のチョイスがチープだと指摘を受けたが、その点を除けば味もボリュームもなかなか良く繁盛している理由も分かる。

顧客ニーズに着実に応え、マーケット戦略をきっちりと立て経営すれば自ずから道は拓ける。  


Posted by UNI-CON INC. at 09:26Comments(0)アメリカ 起業