2011年11月16日

NYの経営者

ニューヨークから便利帳の吉田仁社長がシカゴに来られたので会食

吉田さんは駐在員向けのバイブル 便利帳を発刊する傍ら帰任されるご子息向けの帰国便利帳、オンラインで講習が受けられる Y'Sアカデミーなど次々と商品化。そのアイディアと商品に対する思い入れ&熱意が素晴らしく熱い経営者だ。

また営業マンとしてのセンスも抜群 断られても断られても次に行く 我武者羅に取れるまで頑張る。それがストレス発散と言い切る。彼がシカゴにいてくれたら とても良い刺激になるだろうと常日頃から思っているのだが "いつかは一緒に何かをやりましょう" と言ってくれるからには拠点がニューヨーク&シカゴと離れていた方がネットワークが広がり良いのだろう。

シカゴ、ニューヨーク、東京と機会があれば何処かで必ずお会いして情報交換をしながら、お互いに良い刺激を貰い次のステップに繋げていく。

彼の夢・構想を聞くと本当に楽しくなる。嬉しい事に "何かを一緒にやろう" と言ってくれる人達が周りに溢れてきている。

  


Posted by UNI-CON INC. at 16:55Comments(0)アメリカ 起業

2011年11月16日

風の悪戯

ガレージのドアが閉まらない。壁に取り付けられているボタンを押すとオープン/クローズが出来るのだが、閉める時はボタンを押し続けないとならない。車にセットしたボタンもしくはリモートコントロールではガレージドアが開くだけで閉まらない。

昨日までは何の問題もなくスムーズに開閉していたものが突然このような事態になってしまった。どうも電気系統にトラブルが生じると良からぬ事が起こるというジンクスがあり悪い予感がする。1秒でも早く解決してしまいたい。

早速マニュアルを見て研究 どこにも解決策が見つからない。ネットで調べる。同じくトラブルシューティングの中に同じような現象はない。仕方がなくカスタマーサービスに連絡。電話だと廻されて要らぬ時間を要するので アメリカの場合メールでの問合せを心がけている。

返答を待つ間に自分でも出来る事があるのではないかと思いガレージに。
何かの拍子にプログラムが狂ってしまったのか? 電源が切れてしまったのか など考えている時にふっと足元を見ると何やら白いものが絡まっている。

昨日の強風で飛ばされてきたビニール袋だ。その時にハッと気がついた。
もしかしてこれがセンサーを誤作動させているのでは。
絡まっているビニール袋を退けてみたら見事にガレージドアは開閉しだした。

問題の根本的な原因は往々にして単純なところに隠れている。これさえ見つけられれば大問題に発展する事を未然に防げるのだが...  


Posted by UNI-CON INC. at 08:19Comments(0)アメリカ生活