2011年11月10日

サービスの本質

本日ニューヨークからの来客があり ある企業にご一緒した。そこでサービスについての話しとなり先方支店長が “誰が訳したか知りませんが、日本では SERVICE をタダ という解釈をしていますね” と言われた。
確かに日本では “これはサービスしておきます” という使い方をした時は無料と言った意味で使われる時がある。

実際サービスの意味合いは全く違うし、特に肌理の細かいサービスに差別化をはかり付加価値をつける事が出来る日本のサービスこそ世界に誇れる、対抗出来る武器であるにもかかわらず、この解釈によってチャンスを棒に振っているケースが多々あるのではないだろうか。

昨晩このブログでもお馴染みの大春敬さんと会食をした。
以前もご紹介したが彼のサービス精神および気配りはいつもの事ながら頭がさがる。ご一緒した方々に対するサービスだけではなく、店のオーナーにも気を配る。オーダー頂いた料理も美味しく素晴らしい。店の選び方から料理、酒、話題など どれをとっても彼の人柄の出る楽しい宴だ。

新しい出会いの場を創るのが趣味という点では私と共通 とっても気が合うところだ。今後も素敵な人達の和を広げ 日本のサービスも含め世界進出のお手伝いをしていきたいと思う。  


Posted by UNI-CON INC. at 07:27Comments(0)アメリカ ビジネス