2011年11月02日

パイレーツ走る!

ハロウィン当日の10月31日は多くの場合 自分達が生活する近隣を回り Trick or Treat ! お菓子などをもらうコスチューム姿の子供達で溢れる。

このイベントの良いところは子供達が主役となり、近隣に住む人達との交流を持つことで顔見知りにもなり近所付き合いが始まったり、誰が住んでいるのかお互いに分かるので犯罪抑止にもなる。

ファイヤーファイターも消防自動車に乗って登場し、お菓子を配る。
地域コミュニティがしっかりしているのが嬉しい。

時に豪邸巡りをやる輩や違う地域の人達が閑静な住宅街にやってくる時もあるが、これについては賛否両論。我家の回りは殆どが近隣の子供達だが、時たま明らかに違った地域の子供達もやってくる。お菓子の取り方、貰い方でその差が分かる。

我家の周りの子供達は親からの躾がしっかりされているようで、貰うお菓子は1つだったり、挨拶やお礼もちゃんと言える。そうでない子は籠に手を突っ込んでごっそりと持っていてしまったり、家の中をジロジロ見回したり... 

そのような光景を見ると子供の育て方、躾、環境などによって随分と違いが出ることがわかる。

子供の行為1つとってもどのような環境で育て、どのよな教育を受けさせてあげれば良いのか色々と勉強になる。  


Posted by UNI-CON INC. at 10:16Comments(0)アメリカ 教育