2011年09月30日

プロに聞け

このところ毎朝出勤前にメンバーになっているフィットネスジムにて筋トレをやっている。

せっかくファミリーメンバーとなっているのだからと子育てで大変だった妻にも娘がスクールに行っている間に一緒に身体を動かそうというのがきっかけだ。

ここはメンバーも良いし、24時間オープンしているので好きな時間帯でトレーニング出来るのが嬉しい。

30代は少し鍛えれば筋肉がすぐに戻ってきた。40代では相当頑張らないと筋肉が戻らない。50代となった今 筋肉をしっかりつけようと思えばやはりプロの意見に従うしかないだろう。

そこでジムにいるトレーナーに意見を聞いた。最初一通りの説明をしてくれた後に私がいくつか質問すると “ちょっと待って もっと詳しい人の意見も聞いてみよう” と別のトレーナーにも聞いてくれた。

今度はより詳しく1日の摂取カロリーなども併せてどれくらいの食べ物をどの程度食べれば良いかなど随分細かい事まで指導してくれた。それを聞いていたトレーニングに来ていた一般の人まで話に加わり 筋肉ムキムキマン達による大袈裟は討論会のような場になってしまうところがアメリカらしくて面白い。

という事でこの指導のもと 1年くらいトレーニングを積めばムキムキ仲間になれると信じて頑張ろう。  


Posted by UNI-CON INC. at 13:53Comments(0)スポーツ・健康

2011年09月29日

ダビンチ・ルール

“最初に抵抗する方が、後になってから抵抗するよりも楽だ” と言ったレオナルド・ダビンチの言葉から 駄目だと思ったら素早く身を引く、後になればなるほど時間やエネルギー、金をつぎ込んでしまい引けなくなってしまう。

引くに引けない症候群に陥ってしまう前に勇気ある撤退をする。

ある本に書かれていた言葉だが、とても名言だと思った。

弊社が企画・運営しているおでかけUSAの人気コンテンツの1つにブリリアント・ピープルがある。
この成功者達の言葉には全く逆の名言 “継続は力” という言葉が頻繁に登場する。

ある成功者はこう言っていた “私はスタートした事業、プロジェクトは絶対に失敗しない。何故なら成功するまで諦めずやり続けるから”

両名言とも奥の深い言葉である。  


Posted by UNI-CON INC. at 14:07Comments(0)アメリカ 起業

2011年09月28日

早慶&ケロッグを卒業

今日はシカゴで起業された Enspirea LLC の 平社長と日本食レストランでランチ ちらし寿司と特製弁当を食べながら色々な話をした。

彼は早稲田大学を卒業後 慶応大学院 そしてノースウエスタン大学MBA
(ケロッグ)を卒業という経歴 それだけでも興味深い。

アメリカに来たいという理由で日本の会社を辞めてしまい 卒業後アメリカにて就職 勤めた会社の現地清算に伴い起業 なんとも素晴らしい人生を歩まれている。

現在は製造業を中心にコンサルティングをされているとの事。数億単位で経費削減が出来るようで需要はかなりありそうだ。益々ご発展されていくことだろう。

シカゴにもまだまだ素晴らしい逸材がいる事が分かり とても嬉しい気分になった1日だ。  


Posted by UNI-CON INC. at 13:48Comments(0)アメリカ 起業

2011年09月27日

釣った魚に

先日バイキンズの仲間で常々お世話になっている松井さんに釣ったばかりの魚をお土産に頂いた。

荻野名誉会長のもと毎年アラスカに釣りに出かけ 毎回豊漁の中でも今年は特に良かったとの事。釣りの合間に鯨にも遭遇出来たらしく素晴らしいツアーになったようだ。

キングサーモン、ハリバット(巨大なカレー)など釣ったその場で捌き瞬時に冷凍保存された魚だけに鮮度も良く、見るからに美味しそう。沢山頂いた中でまずサーモンを早速食してみた。

刺身でも食べられる程新鮮な魚を今回は贅沢にムニエルにしてみた。これが実に美味い。色だけ見れば紛れもないサーモンなのだが、味は今までに味わった事のないような、言われなければサーモンだと分からないくらい美味。

こんな素晴らしい味に出会えるのもアメリカの素晴らしさの1つ。  


Posted by UNI-CON INC. at 13:34Comments(0)アメリカ生活

2011年09月26日

コピー天国

昨日のKEN Family とのディナーの時の会話で日本製品の素晴らしさについて話題になった。

私は日本は 0 から 1 を生み出す創造力はアメリカには及ばないが 1 から10 にする技術力は凄いものがあると常々思っている。

発想力がない分 誰かや他国のコピーを独自の技術力でオリジナリティあるもの、もっと優れたものに進化させていっている。嘗て松下がマネシタと揶揄されたようにコピーをしてもっと優れた製品にしていった時代があった。これは今の中国や韓国にも通じるものがある。

ところがアメリカ人の KEN から見ると Made in Japan の優れたもので既にアメリカの中で定着しているものも沢山あるという。確かにアニメや日本食、ゲーム、携帯電話などは日本が産んだ素晴らしい文化であり、技術だ。

また、日本の良いところを持ってきていかにもアメリカ産まれです的なマーケティングをして大流行させるものも沢山あるという。アイスコーヒーを例にとれば日本では何十年も前からポピュラーだったものが、スターバックスによりアメリカに広められた。

ウォシュレットは TOTO が中心となり何十年も前からアメリカに導入されているのに、先日見たTVで高級ホテルに設置されているウォシュレットの便利さが取り上げられ、この製品は何処よりも韓国が先にアメリカに紹介していると放映されたようだ。
ここでも抜け目のない韓国にしてやられているわけだ。

日本贔屓の KEN からすると日本&日本人は自国・自国製品に自信を持ちもっと強く世界に押し出すべきだと、その不甲斐のなさが気になるようだ。マーケティングの導入が後発の日本の弱さ、理解の希薄さがここにも現われている。  


Posted by UNI-CON INC. at 12:51Comments(0)アメリカ ビジネス

2011年09月25日

念願叶って

この週末にKEN Family が我家に遊びに来てくれた。娘同士がベイビーの時から仲良しという事もあり、随分と色々なイベントに出掛けたりする家族ぐるみで仲良くさせて頂いているファミリーだ。

今回はKENが長い梯子を持っているという事で1つお願い事をした。以前からずっとやりたかった2階の照明の交換だ。文章で書くと勝手にやればといった印象になると思うが、ついているところが非常に厄介なところでずっと躊躇していて出来なかった。

我家は1階も2階も通常より高い設計(9 Feet = 2.74 m)になっており、照明が取り付けられている位置が吹き抜け部分の階段上にあるので かなり長い梯子がないと何も出来ない所に設置されている。

KENは慣れた様子で梯子をかけ照明器具の交換を始めだした。梯子を借りて自分でやるつもりでいたのだが、ここはやはり Do it yourself の本場にお任せ おんぶに抱っこ状態。

古い照明はあっと言う間に取り外され、これは意外に早く取り付けられるかもと思っていたが、実際取り付けてみると足場が悪い状態での作業は難航した。隣でサポートしていてもその大変さは分かったのだが、実際自分も梯子に登り作業をしてみると その危険な状態での作業の大変さを痛感した。決して高所恐怖症ではないのだが、もの凄く怖い。

取り付けが終わってブレーカーをあげライトが点いた時は一同大歓声。これはKENがいなかったら絶対に出来なかった。照明器具1つで雰囲気が全然変わった。久しぶりに念願が叶い心から嬉しくなった。

全てが完成した後 その苦労話でディナーは大いに盛り上がり、いつものように子供の話題から遊び、仕事、経済、政治など色々なトピックスは尽きることなく楽しいひと時を過ごした。

アメリカ人の優しさ、大らかさを実感する。  


Posted by UNI-CON INC. at 13:49Comments(0)アメリカ生活

2011年09月24日

お年寄りの社会進出

アメリカのサービス産業では随分とお歳を召された方の活躍が目立つ。

70~80歳くらいのフライトアテンダント、レストランのウエイトレス、小売店の レジなどでは当たり前のように良く見かける。

先日朝のデニッシュを買いに Panera Bread に立ち寄ると70代のおじいちゃんがレジにいて  “おはよう 今日は何にしますか?”と声をかけてくれた。前にもこのおじいちゃんからデニッシュを買った事があるのだが、そんな事を覚えているはずもないと思っていたところ驚く事に“この前のペイストリーは美味しかったですか”と聞いてきた。サービス業の鏡だ。

今回もデニッシュとマフィンを買ったのだが、デニッシュはプラスチック容器に入れてくれ、紙袋に詰める。マフィンはペイパーに包んで同じ袋の中に入れようとして一瞬考え、その袋をレジ脇に置き別の紙袋に。

容器や紙袋のコスト度返しのサービスは以前大企業の役職者だった頃の名残なのだろうか? などと考えながら見ていると、最初に置いたデニッシュ入りの袋をどこに置いたのか忘れてしまったようで別の若い店員に聞いている。それを見つけて嬉しそうに “今日も素敵な1日になるといいね” と言って2つの紙袋を渡してくれる。清算がまだ終わっていない事も全く気にしていない様子だ。

こんな微笑ましい、のどかなアメリカのサービス業も大いにありですね。

参考:2010 3月時点でのスターバックスは全米8,800店舗/売上 9,774億円 パネラブレッドは1,380店舗/売上 1,353億円。今後の展開が楽しみだ。

  


Posted by UNI-CON INC. at 12:46Comments(0)アメリカ ビジネス

2011年09月23日

ナイキ 個性の時代

日本のデコが世界進出している。
パリス・ヒルトンなどは日本のデコの大ファン

何故デコが日本で流行っているのか。それはまさに “みんなと一緒” の時代から “みんなと違うもの=個性の時代” になってきている。

日本人はアメリカ人に比べれば髪の色も目の色も背丈も顔の作りも同じように見えてしまうかもしれない。そこに差別化を求めると血液型や星座だったり車のナンバープレートだったりとどうでも良い事に価値を見出し個性を導き出そうとする。

最近になって髪の毛を染めたりコンタクトで目の色を変えたり、ファッションも多様化してきて個性的な人達が増えてきている。本来はもっと内面から魅力的な個性を引き出して欲しいところだが、まずは表面的な変化でも大いに歓迎だ。

ナイキは5年くらい前から自分で自由に選べて自分だけのカラーバリエーションを楽しめるオリジナルシューズを展開している。Custom Build It Nike iD

世界に個性的な日本人がどんどん進出していって欲しい。  


Posted by UNI-CON INC. at 13:04Comments(0)マーケティング

2011年09月22日

大学生と就職難

先日ある番組で約700(文部科学省の平成19年度学校基本調査報告書によると723校 うち23%が国公立 参考までにアメリカは約4,300 校うち40%は公立)あると言われている日本の大学のうち65% は高校の補習的学習をやっており、本来の大学としての機能を果していないと言っていた。

厚生労働省・文部科学省によると2011年卒業予定の大学生の就職内定率は68.8%で、調査を始めた1996年以降で最低だったと発表している。

その原因について厚労省は「長引く景気低迷による求人減少に加え、企業に新卒を育てる余裕がなくなり、即戦力の中途採用を活用する傾向が強まったことも影響した」と分析しているが、もっと違った視点での分析を試みて欲しい。上記の通り玉石混合の内定率、エントリー制となっている現在の就職システムではブランド志向の強い日本では本当に優れた人材を見落とす可能性も高い。

また、不況になるとアメリカの学生は起業する事を考えるのに対し、日本の大学生は公務員志向 寄らば大樹の発想となる。

これは国民性もあるが、国としての政策も大いに関係している。失敗してもまた次に頑張ろうと思える環境が用意されているアメリカに対して、失敗は恥ずかしい、立ち直れない環境となってしまっている日本では自ずから起業意識に差が出てしまう。

今から20年程前 アメリカに来たばかりの頃に“何故法学部を卒業して経営者になった? なぜ弁護士や法務関連の仕事をしないのか?”と聞かれた事を思い出す。アメリカ人はその職に就くために関連学部で学ぶ、もしくは自分の勉強した事を生かせる職に就く。まさに就職なのだが、日本の場合知名度の高い会社に勤めたがる。いわゆる就社なのだ。

このところ学生との接点が増えたこともあり、色々と考える機会をもらっている。  


Posted by UNI-CON INC. at 11:14Comments(0)アメリカ 起業

2011年09月21日

パックリ割れて

アメリカ中西部は広大な平野が広がり、車で走っても走っても一面トウモロコシ畑だったりとのどかな田園風景が続く。

我々が暮らすシカゴの郊外にはまだ木製の電柱が立っている程田舎なのだ。

何処までもまっすぐ続く道の傍らにある大木を何気なく見ていたら、凄い事を発見した。この木製の電柱から電柱を繋ぐ電線を避けるようにしてパックリと割れて大樹が成長しているではないか。

自然の生命力の強さ、逞しさを感じるとともに、これだけ自然にも影響を及ぼしている電波は人間の身体や脳にとっても絶対に大きな問題、悪影響をおよぼしているに違いないと痛感した。  


Posted by UNI-CON INC. at 11:34Comments(0)アメリカ生活

2011年09月20日

プロジェクトリポート

只今シカゴ時間 午前2時
ようやくプロジェクトレポートが完成した。

このプロジェクトは提案から実施まで約6ヶ月 実際のリサーチに1ヶ月を要した。その集大成ともなる報告書作成に3日掛り50ページのレポートとなった。

今回のリサーチでクライアントの強み&強化ポイントが明確になったので、あとはこれを実施、推進していくだけだ。今後はリサーチからマーケティング、コンサルティングに入っていくので長いお付き合いとなる。6ヶ月、1年後、3年後のクライアントの成長が楽しみだ。  


Posted by UNI-CON INC. at 16:02Comments(0)アメリカ ビジネス

2011年09月19日

ハッピーな話題

今年に入って私の身近な人達4名からハッピーなニュースが飛び込んで来た。新しい生命の誕生である。

うち2名は私と同級生なのだ。
こんな素晴らしい事があるだろうか

先日もある友人から話があるという事でランチを一緒に食べた。この話しというのが、やはり新しい生命の誕生なのだ。まだ自分の親にも言っていないというのに私に報告してくれた。アメリカでの出産・子育てについて色々とアドバイスが欲しいという事だったので、出来る限りの事を伝え、自分達の子育ての記録などもお知らせした。

アメリカで出産する事のメリットについて次の3点を挙げた。
1.アメリカ国籍が取れる事は自分の子供にプレゼントする初めてのギフトである事
2.無痛分娩が主流のアメリカは母体にとっては苦痛を避けられ良いと思っている事
3.出産体制が整っているので安心である事

特に1の国籍に関しては目まぐるしく変わる世界情勢の中で20年後の日本とアメリカ どちらで生活したいかなどを選択出来るというのは素晴らしいギフトだと思っている。アメリカは現在2重国籍を認めているが、日本もそうなる可能性も高い。  


Posted by UNI-CON INC. at 13:19Comments(0)アメリカ 子育て

2011年09月18日

こんなに可愛い子と

今朝は朝8時から早朝テニス有志6名で練習をした。ボールマシーンを使った練習ではフォア&バックストローク、その後サービス そして試合形式での練習とたっぷり2時間汗を流した。

その後 1人は奥さんと一緒にゴルフ、もう1名はウィスコンシン州のオクトーバーフェスタに家族で出かけ、私はファミリーで動物園に。アメリカ生活が長いだけに皆それぞれ家庭を大切にしている。

今日は天候も最高 飛び切りの動物園日和だ。流石にこの巨大な動物園も結構混雑していた。と言っても日本のように過密状態で動物を見るのに列を作るという事は全くない。

白熊もサイもキリンもバッファロー、エミューなども見放題。孔雀などは放し飼いだ。その他、コウモリ、ペンギンなど室内で飼育されている動物達もすんなり見ることが出来る。

我家は動物大好きファミリー。子供の情緒教育にも良いし、動物を見るだけではなく触れ合う事も出来るこの動物園はなかり気に入っている。
年間パスを購入しているので、何回行っても値段は変わらない。

入口のパスを見せていたら丁度帰路についたファミリーが “自分達は帰るのでこのチケットがいらなくなったので差し上げる” と言ってドルフィンショーのチケットを頂いた。アメリカ人は本当に気がいいねぇ お陰でドルフィンのジャンプや芸を満喫させてもらった。

締め括りはメリーゴーランド 子供達の笑顔は本当に可愛い。  


Posted by UNI-CON INC. at 12:03Comments(0)アメリカ 子育て

2011年09月17日

カリスマスーツマン

おでかけUSAでは毎月アメリカに関係のある魅力溢れる人達を紹介している。

97人目となる今回は私の先輩でもあるナムコUSAの吉田 均 社長
2 期連続最高収益を挙げられた素晴らしい経営者は
“トップは夢・ビジョンを語れ”と言われる。

日本にいた頃はゴルフのオフィシャルハンディが 8 週間ゴルフダイジェスト誌のカリスマスーツマンの 1 人として取り上げられていた程なのだ。出来る男は仕事も遊びも凄い。

詳細はブリリアント・ピープル
  


Posted by UNI-CON INC. at 12:48Comments(0)素敵な人達

2011年09月16日

日本の好感度

アメリカ人の世界観が変化している。

「アメリカにとって重要な地域は欧州よりアジア」と考えるアメリカ人が51%  それに対して欧州は38%(ジャーマン・マーシャル基金米国調査)

2004年の同調査では欧州派が54% アジア派が29% だった事を考えると僅か7年で逆転。その背景には中国・韓国経済の急成長を中心としたアジア経済の成長がある。

アメリカでもHYUNDAI社の自動車がやたらと目につくようになった。以前は嘗ての日本同様安かろう悪かろうだったが、デザインだけではなく性能もかなり進化しているようだ。

また、日本に好印象を持っているアメリカ人は75% 
欧州連合(EU) や中国の好感度を上回っている。

経済成長で中国に抜かれ、政治も外交も停滞気味だった日本に光が射し出した。今こそチャンスだ。アジアのリーダーにはやはり日本しかないと思っている。このフォローウィンドに是非乗っていきたいものだ。
  


Posted by UNI-CON INC. at 13:09Comments(0)アメリカ ビジネス

2011年09月15日

1,439兆円 目的なき貯金

日本の個人金融資産残高はなんと1,439兆円(2009年9月 日銀発表の数値)だと言う。国民1人あたりに換算すると約1,130万円となる。この殆どが目的なき貯金なのではないだろうか。

アメリカ人の多くはあまり貯金をするという感覚がないようだ。貯金をするというのは何か欲しいものがあり、その為に貯める。この感覚が消費大国アメリカを支えている。

保有資産の内訳を見ると日本人の預金割合が約55%なのに対し、アメリカは14% この差は経済にかなりの影響を及ぼしているだろう。

では何故日本人は目的なき貯金をするのか。答えは明確 将来への不安だ。すなわち国に期待が出来ないので自分の身は自分で守るという考え方から 一番信頼出来るであろう現金を貯めるのだ。

国の多額の借金(大半は国債)871.5兆円を支えているのが個人金融資産という恐ろしい現実を日本国民はご存知なのだろうか? 国の税収は年間約37兆円だから増え続ける借金を今の状態では返す事は難しい。皆分かっている現実なのに何故避けて通ろうとしているのだろう?

頑張ろう日本人!  


Posted by UNI-CON INC. at 11:15Comments(0)アメリカ ビジネス

2011年09月14日

素敵な女医さんと3つの幸せ

最近我ファミリーでは寝る前に "今日あった3つのハッピーな事" を発表する事にしている。

これをノートに書き留めておき、数ヶ月間続ける事により思考が前向きになり鬱にならなくなるらしい。またこのノートを読み返す事で "自分にとっての幸せが何か見えてくる" という素敵なおまけまでついてくる。更に娘の日本語の勉強にもなり良い事づくめなのだ。

この事を以前このブログで紹介した "お洒落な女医さん" に話したところ "それは素晴らしい! 早速取り入れても良いですか?" との事。

ご自分の娘や患者さんにも勧めてみるとの事だ。反応が速くて気持ちがいい。お洒落なだけではなく、アンテナが常に敏感で良いものは即取り入れていくという感性が素晴らしい。やはり輝いている人は何かが違う。

彼女はビジネスでもプライベートでも本当に良く頑張っている素敵な女性だ。

この3つの幸せ(Three Happy Things)をやってから良いイメージで就寝出来るので、気持ち良く眠れ、目覚めも良い。是非お試しあれ。
  


Posted by UNI-CON INC. at 11:39Comments(0)アメリカ 子育て

2011年09月13日

9.11 想う事

2001年9月11日 あの忌まわしい事件は起こった。
旅客機を高層ビルに突入させるという想像を絶する方法でのテロ事件

TVから流れる映像はまるで映画のようだった。旅客機を高層ビルに突入させるなんて事を誰が想像しただろう。当時のブッシュ大統領も一機目が突入した時は航空機事故だと思い、テロ対策はなされていなかったという。

人は自分の想像を越えた現象が起こった場合 それを認識するのに時間がかかるのだと痛感した。

いつもであれば空を見上げれば必ず数機の飛行機を見ることが出来るシカゴでも、一機も飛んでいないといった不思議な感覚だった。

翌12日から日本出張を予定していたが、当然出国出来ず大幅にスケジュールは狂ってしまった。あの事件で大勢の人の人生が変わってしまった事だろう。幸いにも私の友人達は事件に巻き込まれなかったが、職が変わったり、人生観が変わった人達は大勢いた。

NYの友人から "TVでは伝われないだろうが、埃と臭いが凄まじい" と連絡をもらった。事件の悲惨さが身に沁みて感じられた事を今でも覚えている。

テロリストもあれほど恐ろしくも緻密に計算された能力を持っているのだったら、何故もっと別の事に活かさなかったのだろう。違った世界が広がっていただろうに。

年が明けた頃 貿易センタービル跡地 グラウンド・ゼロを訪ねた。冷たい雨の降る日だった。何とも言えない悲しみだった。グラウンド・ゼロはこの跡地の事をさしていると思っていたが、爆心地の意味から広島と長崎への原爆投下爆心地などを「グラウンド・ゼロ」と呼ぶのが一般的のようだ。

2度と繰り返してはいけない人類の歴史上最悪の事件だ。10年後の9月11日 朝からTVでは各地で開催されているセレモニーが放映され、鐘が鳴らされるニュースが流れている。
何の罪もなく亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り致します。

  


Posted by UNI-CON INC. at 14:09Comments(0)アメリカ生活

2011年09月12日

可愛い3人娘とリンゴ狩り

週末を家族で過ごすのもアメリカらしい。

この週末は仲良し3家族でりんご狩りに出掛けた。
天候も最高で仲良し3人娘はおおはしゃぎ

受付で1人 $10 を支払うと30cm 四方のビニール袋が貰える。それにリンゴを詰め放題。といっても1袋に15個程度なのでスーパーで買うリンゴの方がやすいかもしれない。だが、この $10 で自然のリンゴを摘む楽しみを味わう事が出来、その場で食べる分はいくらでもOK。広大なリンゴ畑に到着するまでのトラクターの輸送ワゴンに乗る運賃も含まれている。

リンゴ狩りの他にもダックレース、パイプ滑り台、鐘突きなどは無料で遊べるので子供達は大喜び。ペティングZOOやコーンメイズ(とうもろこし畑の迷路)も面白そうだったが、今回はリンゴに専念する事に。

自然の中での学びは色々とある。素晴らしい勉強をした休日だった。  


Posted by UNI-CON INC. at 12:28Comments(0)アメリカ生活

2011年09月11日

新しい出会い

日米ビジネス進出サポート協会(UJBN)でお世話になっている平野さん主催の “皆の会” に参加させてもらった。

企業経営者、ビジネスマン、マスコミ関連、先生、学生など男女約35名が参加しての異業種交流会。

整備士の資格を持ちカーレースにも参加、それに飽き足らず飛行機のライセンス取得の為に渡米をした女性や学生団体の代表として頑張るアイセックの2人、MBA取得後起業した経営者、新人社会人など頑張っている人達が大勢集っていた。

事業の一部として人工ダイヤモンドの生産をしている企業の社長から聞くダイヤモンドマーケットの話しなど興味深い話題が豊富であっという間の4時間だった。

フィールドの違う人達との触れあいは楽しいばかりではなく良い刺激になる。
人と会い、その人の体験、経験話を聞き、輪が広がる。素晴らしい時間を共有させてもらった。
  


Posted by UNI-CON INC. at 11:32Comments(0)素敵な人達