2010年03月28日

TGCに見る新しいマーケティング手法

東京ガールズコレクション(TGC)に見る 変わるマーケティング

丁度ミラノコレクションに続き 3月6日 第10回目のTGCが終わったので、今回はファッションを通してマーケティングについてお話します。

東京ガールズコレクション(TGC)をご存知だろか?

2005年 8月から年2回のペースで開催されている10代、20代のレディースを対象にしたファッションイベント。「日本のリアルクローズを世界へ」をテーマにしていることもあり、日本から海外への情報発信や日本への誘客を意図して、外務省や国土交通省が後援している。

従来のファッションショーと趣向が異なり東京ガールズコレクションは、小売販売を目的としている。主催者が、リアル・クローズ(現実性のある服)と提唱するファッション性がある普段着を、舞台上でモデルに着せ、会場で見せるだけではなくインターネットでショーの様子を配信し、その場でやインターネットサイトを通して販売するシステム。

香里奈や佐々木希などの人気モデルのほか ベッキー、ほしのあき、吉川ひなのなど芸能人、有名タレントが多数出演するほか、ゲスト歌手のライブが行われることもあり、ファッションを中心とした一大イベントだけに多くの若い女性からの人気が高い。

2009年9月5日に開催されたTGCでは、10~20代の女性約2万人が参加。開幕24時間以内のケータイやPCを通じてのネット販売と会場内での販売を合計した売上が約5900万円だった。金額的にはそれ程驚くほどのものではないのだが、注目すべきは従来のファッションショー、ファッションイベントとはあきらかに違う手法をとっているということだ。

パリコレ(パリ・コレクション)やミラノ、ニューヨークなどの既存のコレクション(ファッションショー)が、服飾メーカーが自社デザイナーの新作をバイヤーやマスメディアに紹介することを目的としているのに対してTGCはその場での販売を目的として大成功している。

ここで何が言いたいかというとTGCが凄いという事ではなく、マーケティングの手法が変わってきているという事だ。ここに気がつくという事が最も重要な事。

それともう1つファッション関連で言えば ユニクロの成功をはずしては語れないだろう。今最も成功している企業の1つにあげられているが、ユニクロだって浮き沈みがあったのだ。ここでは触れないが ユニクロにも発想の転換がある。

多くの人は大量仕入れ、大量生産でコストを下げた事に成功の秘訣があるように考えているが、実はその前にファッションの常識を覆した事に気がつくべきだ。カラーバリエーションだけで 何の変哲もない素材を商品に変えてしまったのだ。

モノを売る事に対する発想を転換しない限り この不況下で皆と同じ事をやっていても絶対に売れない。売れない時代にモノをどうやって売るか TGCに物凄いヒントが隠されている。
  


Posted by UNI-CON INC. at 14:24Comments(0)マーケティング

2010年03月23日

挨拶

今日ひとりでランチを食べに入った店で後輩に会った。
同世代(30代)の同僚か友人かクライアントなのか 3名でカウンターに座り食事中

何故彼らの素性が分からないかと言えば そうその通り紹介されなかったから。
しかも挨拶は座ったまま...
そして早く来ていた彼らは 当然早く帰るわけだが、帰りの挨拶もなし...

少なくても私の後輩は皆が知っているような一流企業に勤めている 世間一般では優秀と評される人物なのだが
こんな些細な出来事でも その人となりがばれてしまう事がある。

挨拶はビジネスマンの領域を超えて基本的な習慣だと思う。
この基本が出来ていない人で あまり優秀なビジネスマンにお目にかかったことはない

私は少なくても いかなる場面でもそこで出会った人達は必ず紹介する。
人と人との接点など それ程多くはないのだから、その機会に出遭う事は単なる偶然ではない事が多いはず
一期一会と良くいうが それを邪魔する人は数限りなく存在する。

ある会合で知り合いのアメリカ人が一緒にいたアメリカ人を紹介してくれた
「彼は僕の競合にあたる会社の人なんだよ」 とにこやかに
もしかしたら私がその競合先にコンタクトするかもしれないのに 全く気にする様子もない

日本人もこのアメリカ人の大らかさ、懐の深さを是非見習って欲しいと思う。

  


Posted by UNI-CON INC. at 06:36Comments(2)アメリカ ビジネス

2010年03月22日

避難訓練

先日NYからの来客とともにクライアント訪問
なんとミーティングの真っ只中に突然轟音が...

当然真剣な打ち合わせは頓挫して 何があったのか??? とお互いの顔を見合わせる
先方支店長が 「Fire Drill でしょう」 との事で一応ミーティングルームのブラインドを降ろして会議再開

ところが、アドミの女性が突然ミーティングルームに入ってきて 「What are you doing ? Everybody out !!」
あまりの勢いに押されながら全員退出

外に出ると物凄い人数がパーキングロットを埋め尽くしている。
数分後には6台の消防自動車 ファイヤーファイターズも重装備でビルディング内を探索

しかしアメリカ人ていうのは暢気だよねぇ
仕事の途中でも全く気にすることなく 笑いながら雑談し合ってる。
気がつけば我々も同じように笑いながら雑談

こういうミーティングでお互いの気心が知れるっていうのも面白い展開

アイディアはこういう時に突然沸いてくるってことも大いにあり。
楽しいハプニングに感謝です☆  


Posted by UNI-CON INC. at 01:43Comments(0)アメリカ 起業

2010年03月15日

この時代だからこそ

今日も素晴らしい方と話し、勇気と元気をもらった。

柳橋隆さん。全米トップシェフにも名を連ね、超高級レストランをいくつも経営した後 現在はシカゴにてフレンチフュージョン TAKASHI のオーナーシェフとして活躍されている。

この業界もご多分にもれず一昨年のリーマンショック以来 不況の波は避けられないらしい。
柳橋さん曰く 自分達のような価格帯(超高級でもなく マクドナルドのようなファストフードでもない)が一番影響を受けるとの事。

どんなに不況でも食べる事はなくならないが、店を選ぶようになる。
こんな時代だからこそ「当たり前の事をちゃんとやる」を実行しているようだ。

天才が努力を怠らなかったら負けることはないだろう。
やはり一流の人の一言は重いし心に響く  


Posted by UNI-CON INC. at 14:32Comments(0)アメリカ 起業

2010年03月06日

成功者の言葉

今日もまた素晴らしい人と会った
レストランビジネスで成功をした人

以前よりお付き合いを頂き、ビジネス上もお取引を頂いている。

久しぶりに食事をしながら 色々なお話を聞いた。
特に成功の秘訣

その方曰く レストランビジネスだから まずは場所
そしてタイミング

一番は多くの人に助けられたという事だった。

だから自分は恩返しのつもりで やれる事は最大限協力している 
そして それは自分に返してくれなくて良い、そのかわり他の困った人を助けてあげて欲しい
それは自分もそうされてきた事だから

やはり 成功者の言葉は素晴らしい!   

Posted by UNI-CON INC. at 06:18Comments(0)アメリカ 起業

2010年03月04日

重鎮に学ぶ

毎月1日にアメリカで活躍している人を弊社運営サイト “おでかけ.US”
人気コンテンツ “ブリリアント・ピープル”
にて紹介しています。

今月(79人目)にご紹介するのはコンサルタントの後藤さん

医者と剣道の家系で育ち 全てを捨てて音楽の道へ
そして それとは違ったビジネスの世界に進まれて数々の功績を残された人

渡米直後に第二室戸台風で神戸の実家が飛ばされ、送金がストップ
第二次オイルショックで業績不振 など逆境から這い上がって成功されている

IT化が進むにつれ 以前のように “先人に聞け” から若い奴の話を聞けに変わってきた風潮が強いが、
やはり経験に裏打ちされた話というのは面白いし、刺激にもなり、ためになる。

私事 ここ数週間かけて起業から20年間分の資料整理をしなくてはならない事になり かなりの時間と労力を取られた。
纏めた資料を眺め 20年を振り返ると 自分と会社の軌跡がみえて面白い

あの時 こうしていたらもっと楽にここまでこれたかもしれない。
どうして誰も教えてくれなかったんだろう

こんな事を後藤さんと話していたら “お金を出さないと誰も教えてくれないよ” 
日本人はマーケティングやコンサルティングに対して お金を出す習慣や感覚が乏しいと言う。
確かに それは実感するし日頃 自分が言っている事でもある。

マーケティングを生業としている私も かつては それにお金を出す感覚を持ちあわせていなかったのだ
人は何かに集中してしまうとそれに没頭してしまい、目も耳も塞いでしまう。
あの時 没頭してしまった頭をあげて 1度周りを見渡し、人の話を聞く耳をもっていたら もっと早く成し遂げられたのに

前職の影響もあり人にはお金をかけてきたと自負しているが 
自分や会社にはもっとお金をかけるべきだった と20年経った今思う 
今からでも決して遅くはない お金をかけ 広く的確なアドバイスを受けよう(笑)  


Posted by UNI-CON INC. at 06:54Comments(1)